« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月31日 (水)

薬味パワーもあり且つお得!「茎ミョウガ」って知っちゅう?

さて、5月も末となり、四国地方は例年よりかなり早めの梅雨入りとなって、雨続きの日々です。


皆さん、こんにちは。

8_20230531102701
土佐の高知の昼間は蒸し暑い日が増えていながらも、まだ朝夕は涼しかったりと、昼間との気温差が10℃以上もあったりして、ちょっと体調を崩してしまいそうな、司牡丹総務部社員のリカコです。


さて、そんな時期に取り上げる今回の土佐の高知の旬の食材は、何でしょうか、社長?


「今回は、夏の体の不調を乗り切る薬味パワーを秘めた、茎ミョウガにしょうか。

2_20230531102701 
ミョウガ自体は何度か取り上げたことがあったけんど、今回はそのミョウガの茎、茎ミョウガを取り上げたいがやき。


ミョウガは、湿った土壌で育ち、土の中に茎を伸ばして成長していくがよ。


普段ワシらあが食べゆうミョウガはツボミの部分で、収穫されたもんの上のツボミだっけが出荷され、下の茎の部分は通常廃棄されよったがやき。


その切り落とされた茎の部分だっけを集めたもんが茎ミョウガで、味や食感はツボミの部分と何ちゃあ変わらんけんど、価格はかなりお手頃で、ツボミの3個入りパックと同じばあの価格で、袋いっぱいに入っちゅうがよ。


ただし、ミョウガは高知県が日本の中で9割のシェアを占めちゅうきに、高知以外じゃあちくと手に入りにくいかもしれんけんど……」


茎ミョウガですが、ワタクシも今回初めてその存在を知りました。


地元スーパーの「サニーマート・とさのさと」さんにて入手しましたが、そのお値段は画像のとおり山盛り入った1袋で何と130円と、これはかなりお得ですね。

1-1
さて、茎ミョウガの栄養価や効能などについてですが、基本ミョウガと同じですから、以下はミョウガについて記載させていただきます。


ミョウガは、クーラー病による冷え性改善や、夏バテ防止にも効果があるとされており、日本でしか食用とされていない香味野菜なのだそうです。


その旬は年2回だそうで、5月から7月のものを「夏ミョウガ」、8月から10月ころのものを「秋ミョウガ」と呼ぶようです。


ミョウガの生産量・品質ともに日本一といわれる高知県産は、通年のハウス栽培が多く、我が町佐川町のお隣の須崎市が名産地となっています。

4-3_20230531102701
ミョウガの成分としてはビタミンCやカリウムを含んでおり、発汗を促したり、呼吸や血液の循環を良くしたり、熱を冷ましたり、解毒効果もあるようですので、夏バテなどにも良さそうです。


また、冷え性に効果があるとしてよく取り上げられたりもしますが、その栄養素とはα-ピネンなのだそうです。


α-ピネンは、「ファイトケミカル」という植物のみに含まれる、抗酸化作用に優れた第7の栄養素として、近年注目を集めているのだとか。


そして、α-ピネンの効果・効能としては、生活習慣病の予防、消化促進、眠気覚まし、血行を良くする、夏風邪予防などがあるようで、これはなかなか凄い栄養素なのではないでしょうか。


また、「ミョウガを食べると物忘れがひどくなる」という俗説がありますが、栄養学的にみても全くそんなことはなく、逆に近年は、α-ピネンには集中力を増す効果もあることが明らかになっているようですから、むしろ「ミョウガを食べると頭がシャキッとする」と言えるようです。


ちなみに、ミョウガにちなんだちょっとしたウンチク話もご紹介しておきましょう。


お釈迦様の弟子の1人に周利槃特(しゅりはんどく=チューラパンタカ)という人がいました。


この弟子は、たいへん頭が悪く、自分の名前すら忘れてしまうほどで、自分の名前の札を首からかけていたといわれています。


それほど物覚えが悪いものですから、当然お釈迦様の教えも、何回聞いても覚えられません。


そこでお釈迦様は、周利槃特に1本のホウキを与え、「塵を払い、垢を除かん」とだけ唱えさせ、毎日ひたすら掃除だけをやらせたといいます。


こうして周利槃特は、ナント!最終的には悟りの境地に達することができたというのです。


そして彼の死後、その墓のあたりから見慣れない草が生えてきて、彼が生前自分の名前を荷物みたいに下げていたということから、この草は「茗荷(みょうが)」と名付けられたということです。


この話から、ミョウガを食べると物忘れがひどくなるという俗説が生まれたらしいといわれています。

3-2_20230531102701
こんな話を聞くと、なんだかミョウガを食べると物忘れどころか、悟りが開けそうな気になってきませんか?


また、ミョウガは「冥加(みょうが)」(知らない間に受ける神仏のご加護の意味。)に通じるということから、縁起が良いとして家紋などにもよく使われるということです。


以上ミョウガにちなんだ、面白いウンチクネタでした。


さて今回は、茎ミョウガを使って、どんなお料理を作りましょうかと社長に確認しましたところ、「茎ミョウガとキュウリの梅シソ和え冷奴」とのことでしたので、早速こちらを作ってみましょう。


まず、茎ミョウガとキュウリとシソを、細切りにします。

5_20230531102701 7_20230531102701 6_20230531102701
これらをボールに入れて、梅干しの種を取って叩いたものと、ゴマ油と出汁醤油(めんつゆでもOKだそうです)を加えて混ぜ合わせ、冷やしたお豆腐の上にタップリ乗せればればもう出来上がり。

9_20230531102701
メッチャ簡単な夏の酒肴、「茎ミョウガとキュウリの梅シソ和え冷奴」の完成です!

11_2023053110190113-2_20230531101901
そして、この料理の美味しさをさらに倍増させるお酒が、4月中旬から出荷開始となっている今が旬の、毎年大人気の夏限定季節商品、「ブルー船中」こと、「船中八策・零下生酒」(超辛口・純米生酒)です!

15_20230531101901 16-2_20230531101901
春先に搾ったばかりの「船中八策」の生酒を、一切加熱処理をしないまま瓶詰めし、マイナス5℃以下の零下にて瓶貯蔵したもの。


口中で軽快なうま味が心地良いほどなめらかに膨らみ、後口は爽やかにスパッとキレる、抜群のキレの良さを持つ超辛口の味わいは、初夏にピッタリです!

17-3_20230531101901
特に初夏が旬の爽やかさを持つ料理には、最適といえるでしょう。


では早速このお酒を、「茎ミョウガとキュウリの梅シソ和え冷奴」と合わせて、ペアリングにていただいてみましょう。

12_20230531101901
まずは「茎ミョウガとキュウリの梅シソ和え冷奴」を一口……パクリ……


うん!美味しい!これは本当に凄く爽やかで、まさに初夏の味わいって感じでしょうか。


ツボミじゃなくてミョウガの茎だということも、全然分からないくらい、見事なミョウガの風味です。

202353020-3
では、ここから後は社長!宜しくお願いいたします。


「うん。確かにこぢゃんと爽やかで、初夏の味わいのイメージや。


ミョウガ独特の爽やかな風味とホロ苦味、キュウリの瑞々しい美味しさとシャキッとした食感、梅干しの酸味と塩味、シソの香り、ゴマ油の香ばしさ、出汁醤油のうま味と塩味らあが見事に融合し、 大豆を凝縮したような豆腐のコクとうま味が、一層引き立ち、こりゃあ間違いのう日本酒、それも生酒を、口が舌が要求してくるがやき!


そこに、キーンと花冷え(10℃程度)に冷やした『船中八策・零下生酒』をキュッと……


おおっ!お酒の美味しいさがグッと際立つぜよ!


口中に残っちょった、茎ミョウガのホロ苦味、キュウリの風味、梅干しの酸味、シソの香り、ゴマ油の香ばしさ、出汁醤油のうま味と塩味らあが、『船中生酒』の軽快でなめらかなうま味を、一層際立たせたかと思うたら、それらあの味わいの融合を口中いっぱいに膨らまいて、後口は潔いばあ爽やかにスカッと切ってくれるがよ。


ほいたら、今度は口が舌が、この料理のもう一口を要求してくるがやき。


もう一口料理を食べりゃあ、口が舌が、当然のごとく「船中生酒」のもう一口を要求してくるがよ。

202353018
こりゃあ間違いのう、交互にやりゃあ止まらんなる、無限ループの危険性を持っちゅう、初夏の最強ペアリングの1つといえるがぜよ!」


社長、ありがとうございました。


今回の「茎ミョウガとキュウリの梅シソ和え冷奴」ですが、こんなに簡単にできるのに、本当にビックリするくらい美味しくて、しかも社長のおっしゃるとおり、本当に日本酒の生酒にバッチリ合いますね。


しかも、初夏の爽やかさが感じられ、ジメジメした梅雨のイメージなんか、吹き飛んでしまうくらい絶品の組み合わせだと実感させていただきました。


また、茎ミョウガは本当にお得ですから、我が家でも夏場に常備する香味野菜として、定番とさせていただきます。


ああ麗しき、土佐の初夏!旬どきのうまいもんに……乾杯!

 

◾️「船中八策・零下生酒」(超辛口・純米生酒)は、コチラをクリック!

 

 

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

 

司牡丹酒造株式会社

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »