« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月30日 (木)

絶品!「ウルメイワシの丸干し炙り・ブシュカンおろし」って知っちゅう?

皆さん、こんにちは。司牡丹酒造総務部社員のリカコです。

12-2_20210930093301
やっとやっと、新型コロナも全国的に落ち着いてきて、緊急事態宣言も本日9月30日で全国的に解除になり、本当に喜ばしい限りです。


そして、季節はいよいよ、旨み豊富な食材がズラリ出揃う、食欲の秋の真っ盛りに突入です!


さて、そんな時期に、今回取り上げる土佐の旬の食材は、何でしょうか、社長?


「今回は、ワシが酒の肴の最高峰やと思うちゅう、『ウルメイワシの丸干し炙り・ブシュカンおろし』を、ご紹介さいていただきますぜよ!


ちなみにウルメイワシ自体、1年通して獲れるし、旬は諸説あって、地域によってもかなり違いがあるがやき。


さらに丸干しとなりゃあまた旬が変わり、こちらも旬は諸説あり、地域によってやっぱし違いがあるがよ。


けんど、『ウルメイワシの丸干し炙り・ブシュカンおろし』となりゃあ、ブシュカンの旬が8月~10月頃やきに、間違いのう今頃が旬となるわけながやき。

3-3_20210930093201
ほいたらリカコさん、『ウルメイワシの丸干し』について、ちくと調べとうせや。」


はい。了解いたしました。


ではまず、「ウルメイワシ」についてですが、ニシン目で、ニシン科とする説と、ウルメイワシ亜科とする説があるようです。


世界中の熱帯から温帯域にかけての海に分布する回遊魚で、日本でも各地の沿岸で漁獲されています。


泳ぎながらプランクトンを食べ、約1年ほどで生魚となり、寿命は2年ほどであると言われているようです。


目が大きく、うるんで見えることから、ウルメイワシと名付けられ、古くから目刺しにした干物、いわゆる「メザシ」に加工されて食べられてきました。


干物にされることが多い理由は、鮮度落ちが極めて早く、鮮魚での流通に適していなかったことと、もうひとつは、イワシの種類の中では特に脂が少なく、淡白な身質であるからだそうです。


マイワシに比べると脂の量は半分程度しかないと言われているのだそうです。


しかし、丸干しにすると、脂が少ない割に旨味が強く、上品な味わいが口中に膨らみ、特に日本酒の肴には、至高の逸品となるんです!

2-2_20210930093201
かの酒場詩人・吉田類さんも、日本酒のアテに最高の一品として、土佐の「ウルメイワシの丸干し」を挙げられているほど!


そんな「ウルメイワシの丸干し」ですが、実は栄養価も大変高く、ビタミンやミネラルなどをバランス良く豊富に含んでいます。


糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し、疲労回復に役立つビタミンB1、細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜の機能維持や成長に役立つビタミンB2、また皮膚や粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立つ、ナイアシンやビタミンB6などが豊富です。


さらに、動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きのあるパントテン酸、貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンである、葉酸やビタミンB12も豊富に含みます。


さらにさらに、抗酸化ビタミンであるビタミンEも含みますので、活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化や、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。


また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルである、カルシウムやリンやマグネシウムなども含み、疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立つと言われる、カリウムも豊富に含んでいます。


「ウルメイワシの丸干し」は、良質なタンパク質を豊富に含む、極めて優れた健康食品であると言えそうですね!


こんな感じでいかがでしょうか、社長?


「ばっちりぜよ、リカコさん。ほいたら早速、『ウルメイワシの丸干し炙り・ブシュカンおろし』を作っとうせ!」


はい。・・・作るというほどの料理ではないですが・・・。


まずは干物屋さんで、「ウルメイワシの丸干し」を買ってくるつもりでしたが、今回は社長が日曜市で購入してきてくださいました。


そして、その「丸干し」を、グリルに並べて炙ります。

4_20210930093201 10_20210930093201
その合間に、大根おろしを作り、今が旬の土佐の酢みかん(香酸柑橘類)、ブシュカンを半分にカットしておきます。

8-2_202109300932017_20210930093201 5_20210930093201

「丸干し」が炙りあがったら、大根おろしとブシュカンと共に、皿に盛り付ければ、もう完成です!

6_202109300932019_20210930093201
アツアツのうちに、ブシュカンを搾りかけた大根おろしと共にいただきましょう!


・・・そして、この「ウルメイワシの丸干し炙り・ブシュカンおろし」の美味しさを、さらに倍増させていただくには・・・旬の日本酒を合わせていただくこと!ですよね。


今回は社長の指示で、「船中八策・ひやおろし」(超辛口・純米原酒)を、選ばせていただきました。

14_20210930093301
新春に搾られた「船中八策」の生酒を、一度だけ加熱殺菌して低温で貯蔵熟成。


夏を越して秋風が吹く頃、旨みたっぷりの味わいに熟成したお酒を、そのままの状態でおろしてきて出荷されたものが「ひやおろし」です。

15-2_2021093009330116-3_20210930093301
昔からツウの間では、最も美味しい日本酒として珍重されてきた、旨みの乗った美味しさが特徴ですから、旨みの多い秋の旬の食材との相性はバッチリなのも道理なのです。


では早速、「ウルメイワシの丸干し炙り・ブシュカンおろし」と、「船中八策・ひやおろし」を、合わせていただいてみましょう!

13-3_20210930093301
まずは「丸干し」を、ブシュカンを搾りかけた大根おろしと共に・・・パクリ。モグモグ・・・うンまぁ~いっっっ!


ワタクシ、「ウルメイワシの丸干し炙り」は食べたことがありましたが、「ブシュカンおろし」と一緒にいただくのは初体験でした。

11_20210930093301
「丸干し炙り」だけでいただくよりも、より味わいに深みが増すというか、より旨味が増して苦味が爽やかになるというか、よりお酒が欲しくなるというか、一層もう一口が食べたくなるというか・・・とにかくメチャクチャ美味しいんですっっっ!!


社長が絶賛される意味が、私にもよく分かりました!


では、ここから後は、社長!よろしくお願いいたします!


「ワシも実は久しぶりにいただくき、既にヨダレがあふれだしてきそうながよ!

12-2_20210930093301
ほいたら早速、いただきます!


ウルメイワシの丸干し炙りを、ブシュカンおろしと共に、ガブリ・・・


うほっ!やっぱしこりゃ、う・ま・いっっ!!


香ばしゅう炙られたウルメ丸干しの身の旨味と甘味と塩味、内臓のホロ苦味、ブシュカンの強い酸味と柑橘の香り、大根おろしの辛味と風味・・・これらあのすべての味わいが、口中いっぱいに膨らみまくるがやき!


こりゃあホンマにメチャクチャ美味しいっっ!

19-3_20210930093301
しかも、日本酒のアテとして必要な味わいをすべて兼ね備えちゅうきに、喉から手が出て手招きするばあ、日本酒を誘うてきて、さらに口中に唾液があふれかえるがよ!


そこに、15度ばあに冷やいた『船中八策・ひやおろし』を、グラスに注いでキュッと・・・。


くうぅぅぅ~~~っっっ!!たまらんっっっ!!


このお酒の旨みたっぷりの芳醇でまろやかな味わいと、心地えいほのかな酸味が加わることで、口中に残る料理の様々な味わいを絶妙なバランスで融合さいて、しかも倍増させるばあに膨らまいて、さらに上の味わいに昇華さいてくれたかと思うた次の瞬間、潔いばあ爽やかに流れて消えていくがやき!


ほいたら、また喉から手が出て、ウルメが食べとうなる。


食べりゃあ、またこのお酒が飲みとうなる。

17_20210930093301
『ウルメ』『ひやおろし』『ウルメ』『ひやおろし』・・・まさに無限ループのように、箸も杯も止まらんなってしまうがぜよ!」


社長、ありがとうございます。


実はワタクシ、そんなにお酒は強くないので、今までいろんな旬の美味しいものをいただいてきましたが、実際のところそれほどお酒が欲しいと感じたことはありませんでした。


ですが、この「ウルメイワシの丸干し炙り・ブシュカンおろし」をいただいた瞬間、ある意味生まれて初めて、「日本酒が欲しいっ!」と、本当に心の底から感じてしまいました。


ワタクシも、今ごろになってやっと、オトナの仲間入りができたってことですかねぇ?


あぁ麗しき、土佐の初秋!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

◼ 「船中八策・ひやおろし」(超辛口・純米原酒)は、コチラをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

 

司牡丹酒造株式会社

 

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »