2022年8月31日 (水)

「小茄子の丸ごとニンニク炒め」の美味しさって知っちゅう?

暑さが峠を越して後退し始めるという意味の「処暑」も過ぎましたが、土佐の高知の日中は、まだまだ暑い日が続いていますね。


皆さん、こんにちは。それでも朝夕は、少しは涼しくなり、秋の気配も感じられるようになってきてホッとしている、司牡丹総務部社員のリカコです。

16-2_20220831101601
コロナの第7波も、感染者数がまだ高いままですが、9月には落ち着いてくることを、心から期待しています。


さて、そんな時期に取り上げる今回の土佐の旬の食材は、何でしょうか、社長?


「今回は、小茄子を取り上げさいていただくがやき。


ほんで、そんな残暑も、コロナ禍も吹き飛ばすばあ美味しい、『小茄子の丸ごとニンニク炒め』をご紹介さいていただきますぜよ。」


はい。了解いたしました。今回は小茄子ですね。


まず茄子についてですが、インドが原産とされるナス科の一年草で、日本には奈良時代に入ってきたと言われているようです。

1_20220831101701
原産地周辺の東南アジアなどでは、白や緑色のものが一般的ですが、日本で一般的な茄子は、紫色をしています。


また、茄子には非常にたくさんの種類があり、形や大きさや長さも、地域によって様々なようです。


産地としては、ほぼ全国で栽培されていますが、収穫量ランキングでは、高知県が第1位となっているのだとか!

4-3
次に茄子の旬ですが、ハウス栽培も多く、通年市場に出回っていますが、本来は7~8月が旬の夏野菜と言われています。


「秋茄子は…」という諺がありますが、これは8月末の晩夏から、9月頃までの初秋の茄子が、身も締まり、種が少なく美味しいものが多いからだと言われているようです。


続いて、茄子の栄養価や効能ですが、昔は、栄養的にはあまり期待できないといわれていた茄子ですが、近年は病気予防に優れた野菜だと言われているのだそうです。


茄子の皮に大量に含まれるナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種は、アントシアニン系の色素で、強い抗酸化力があり、ガンや生活習慣病のもとになる活性酸素を抑える効果があるらしいのです。

2_20220831101701
ちなみに農水省食品総合研究所の実験によりますと、発ガン物質に対する抑制効果は80%以上だったのだそう。


しかも、野菜の中で80%を超えるのは茄子だけだったのだとか!


さらに茄子には、何と一般的な他の野菜の1000倍以上、コリンエステルが含まれているのだそう!


このコリンエステルには、神経系の働きを調節して、血圧の改善や気分を良くする効果があることが明らかになっているのだそうです。


ちなみに高知県でハウス栽培される冬春茄子は
「高知なす」として出荷されていますが、この「高知なす」には特にコリンエステルが多く含まれていることから、2021年には生鮮品の「高知なす」が、血圧改善効果がある食品として、機能性表示が認められたというのですから、これはスゴいことですね!

3-2
そしてさらに、茄子は体を冷やす効果も大変高いらしいので、まさに暑い夏にピッタリの食材であるといえるのではないでしょうか。


次に小茄子についてですが、小茄子とは小さい茄子を指す総称で、長さ8cmほどまで、重さ30gほどまでのものをいうのだそうです。


その中に、丸小茄子と呼ばれる丸茄子系と、卵型のタイプがあります。


主な産地と品種は、山形県の民田茄子や薄皮小茄子や梵天丸茄子、そして高知県の十市小茄子などが有名品種となっているようです。


一般的に小茄子は、浅漬けや辛子漬けなどの漬物にされることが多く、京阪神の市場や京都の料亭などでは、形や色艶が良いため、高知県の小茄子が、主流となっているほどなのだとか!


そのため、高知県産の小茄子は、高知県市場にはあまり出回らないようですが。


こんな感じでいかがでしょうか、社長?


「バッチリぜよ、リカコさん。


ほいたら早速、『小茄子の丸ごとニンニク炒め』を作ってみとうせや!」


はい。では、早速調理開始いたします。

5_20220831101601
まず小茄子のヘタを取ります。

6_20220831101601
次に、ニンニクをみじん切りにし、フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクと丸ごとの小茄子を加えます。

8_2022083110160112_20220831101601
そしてゆっくりと弱火で、たまにかき混ぜながら、小茄子に火を通していきます。

7_20220831101601 9_20220831101601
あまりかき混ぜすぎないようにして、じっくりと火を通すとよいようです。

10_20220831101601
火が通ったら、最後に青シソ(大葉)のみじん切りを加え、醤油と塩で味つけをします。

13_20220831101601

火を止めてから、少しそのまま置いておくと、小茄子に味が染み込んでより美味しくなるようです。


お皿に盛って、半分に切ったブシュカン(土佐の香酸柑橘類の一種)を添えれば、もう完成です。

14_20220831101601
丸ごとでも揚げずに大丈夫なのは、小茄子ならではの料理といえるようですね。

17-3_20220831101601202283115
そして、この「小茄子の丸ごとニンニク炒め」の美味しさを、さらに倍増させていただくには……この時期旬の日本酒を合わせていただくこと……ですよね!


今回は、特に旬の季節商品というわけではないですが、「司牡丹・二割の麹が八割の味を決める」(純米酒)を、マッチングさせていただきました。

18_20220831101601 19-2_20220831101601
この変わった長い商品名の由来は、当社の浅野徹杜氏の、「米麹は原料米全体の約2割しか占めないが、酒質の8割を決める」
という考え方に基づいたもので、ほぼそのままの言葉を酒名としています。


そのため、ラベルには「二割の麹が八割の味を決める」の後に、「by浅野徹」と記載されているのです。

20-3_20220831101601
要するに、麹米と酒母米を高精白にし、掛米は低精白とすれば、高品質で比較的安価なコスパの高い商品ができるということ。


その名の通り、麹米・酒母米には精米歩合55%の山田錦を使用し、掛米には精米歩合70%のアケボノを使用しています。


また酵母は、高知酵母の「AA-41」を使用しており、バナナ・メロン系の甘やかでフルーティな香りを持ち、輪郭のある爽やかな味わい、心地よい膨らみ、辛口のキレの良さが見事に調和したバランスの良さを誇る、浅野杜氏渾身の新タイプの日本酒であり、新時代の定番食中酒であるともいえるでしょう!

22-2_20220831101601
では早速、「小茄子の丸ごとニンニク炒め」と「司牡丹・二割の麹が八割の味を決める」を、マッチングさせていただいてみましょう!


まずは、ブシュカンをギュッと搾りかけて、「小茄子の丸ごとニンニク炒め」を一口……パクリ……うん!美味しい!

23-3_20220831101601
小茄子の食感とうま味に、ニンニクの風味と青シソの香りが効いていて、これは酒の肴にはバッチリなんじゃないでしょうか?


社長、あとはよろしくお願いいたします。


「ほいきた。まかいちょき。


小茄子丸ごとならではの歯ごたえのあるパリッとした皮の食感の後、中身の茄子独特の甘味とうま味がジュワッとあふれ出いて、オリーブオイルで炒められた香ばしいニンニクの風味、青シソの上品で爽やかな香り、ブシュカンの酸味、醤油の辛味らあと共に、見事に融合しもって、口中いっぱいに膨らんでいくがやき。


茄子と油の相性の良さ、ほんでその油で炒められたニンニクの風味と茄子との相性の良さが、ハッキリと実感できる、シンプルな美味しさを持つ酒の肴やと言えるがよ。


そこに、15℃程度の涼冷えに冷やいた「二割の麹が八割の味を決める」をキュッと……。


あぁ……心地えいっ!


この料理の、小茄子丸ごとの甘味やうま味、オリーブオイルで炒めたニンニクの香ばしい風味らあの全ての味わいが、一層一体感を増しもって口中いっぱいに膨らんだかと思うたら、後口は爽やかにサラリとキレ、高原に吹きわたる風のような心地良さを感じさせもって、酒の美味しさも料理の美味しさも、倍増するかのようながやき!

21_20220831101601
ほいたら、またこの料理が食べとうなり、次の一口をいただきゃあ、二口目の方がより味わいの輪郭がクッキリして、さらに美味しさが強調されるかのようながよ!


ほいたら、またこの酒が飲みとうなる、飲みゃあまたこの料理が食べとうなる……こりゃあホンマに、交互にやりゃあ杯も箸も止まらんなる、見事な酒と肴の組み合わせやといえるがぜよ!」


社長、ありがとうございました。


今回、小茄子を丸ごと炒めましたが、これまで何でも切ってから調理してきたワタクシにとっては、「丸ごと」というのはなかなかの体験でした。


野菜そのものの本来持っている本当の味わいをシッカリ体感できるというのが、野菜「丸ごと」料理の真骨頂なのではないでしょうか?


今後は、たまにはまた野菜「丸ごと」料理にチャレンジしてみたいなぁと思っています。


ああ麗しき、土佐の晩夏!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

■ 「司牡丹・二割の麹が八割の味を決める」は、コチラをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

 

司牡丹酒造株式会社

 

| | コメント (0)

2022年7月29日 (金)

美味しさとパワーをチャージ!「ミョウガと青シソの梅肉和え」って知っちゅう?

コロナ禍がやっとやっと収束に向かっていると思っていましたら、またまた第7波ということで、感染拡大が急激に広がっています。

15-3_20220729092801   

皆さん、こんにちは。


さらに、猛暑日や豪雨なども頻発しており、なかなか大変な1ヶ月となって、ちょっとゲンナリしている、司牡丹総務部社員のリカコです。


そんな時期に取り上げる今回の土佐の旬の食材は……コロナ第7波の圧力にも、猛暑にも、豪雨にも負けない、そんなパワーを与えてくれるようなお料理を、是非ご紹介いただきたいのですが……社長!!


「そりゃあ、なかなか大変な要望やけんど、まさにそんなパワーを与えてくれそうな、美味しゅうて且つこぢゃんと健康効果も高い、ミョウガと青シソっちゅう真夏の最強タッグを使うた、『ミョウガと青シソの梅肉和え』を、ご紹介さいていただきますぜよ!」


ミョウガと青シソ!


これは確かに、体に良さそうですね。


ではまず、ミョウガからご紹介いたしましょう。

3-3_20220729092801
ミョウガは日本でしか食用とされていない香味野菜です。


その旬は年2回だそうで、5月から7月のものを「夏ミョウガ」、8月から10月ころのものを「秋ミョウガ」と呼ぶようです。


ミョウガの生産量・品質ともに日本一といわれる高知県産は、通年のハウス栽培が多く、我が町佐川町のお隣の須崎市が名産地となっています。


ミョウガの成分としてはビタミンCやカリウムを含んでおり、発汗を促したり、呼吸や血液の循環を良くしたり、熱を冷ましたり、解毒効果もあるようですので、夏バテなどにも良さそうです。

2-2_20220729092801
また、冷え性にも効果があるとも言われているミョウガですが、その栄養素とはα-ピネンです。


α-ピネンは、「ファイトケミカル」という植物のみに含まれる、抗酸化作用に優れた第7の栄養素として、近年注目を集めているのだとか。


そして、α-ピネンの効果・効能としては、生活習慣病の予防、消化促進、眠気覚まし、血行を良くする、夏風邪予防などがあるようで、これはなかなか凄い栄養素なのではないでしょうか。


また、「ミョウガを食べると物忘れがひどくなる」という俗説がありますが、栄養学的にみても全くそんなことはなく、逆に近年は、α-ピネンには集中力を増す効果もあることが明らかになっているようですから、むしろ「ミョウガを食べると頭がシャキッとする」と言えるようです。


お次は、青シソについて。

5-2_20220729092801
青シソは大葉とも呼ばれ、高知では「せいそう」とも呼ばれています。


梅雨から夏の暑い時期が旬の青シソは、シソの中でも特に香りが強く、目にも鮮やかで食欲をそそります。


青シソはこの時期の食卓に欠かせない香味野菜なのです。


ちなみに、日本では古くからシソは魚肉の毒を消す薬でした。


魚にあたった時はシソの葉を煎じて飲んだといいます。

6-3_20220729092801
今、刺身のツマなどに青シソの葉などが付いてくるのはその名残りで、一緒に食べ合わせるようにとの先人の知恵なのです。


栄養成分的としては、β-カロチンやビタミンC、E、カルシウム、鉄などのミネラルが豊富。


特にカロチンは野菜の中でもトップの含有量で、1枚でブロッコリー5房分にも相当するカロチンが含まれています。


また爽やかな香りの成分(ペリルアルデヒド)には殺菌、防腐作用があり、さらにシソアルデヒドには、胃液の分泌を促す働きがあると言われていますから、食欲不振にも効果的なのです。


さらに青シソは、昔から咳止め、食欲増進、貧血予防、解熱作用など、多くの効能があると考えられ、民間療法などでもよく用いられてきました。


中国医学の栄養学でも、体を温めて気の巡りを良くし、胃腸を活発にし、発汗作用があるので風邪のひき始めに効果的とも言われています。


また、「1日1枚食べると美人になる」と言われているほど、青シソには美容と健康に効く成分が入っているとも言われているのです。


あんな刺身のツマのような葉っぱ1枚に、こんなに素晴らしい効能があったのですね!


以上、ミョウガと青シソについて、ご紹介させていただきました。


確かにいずれも、ナチュラルパワーにあふれた食材だということが、よく分かりますね!


では早速、「ミョウガと青シソの梅肉和え」(2人分)を、作ってみましょう。


ミョウガ(6本)をまずは縦4等分に切り、塩少々をふっておき、しんなりしたら軽く絞って水気をきっておきます。

9_20220729092801 8_20220729092801
青シソの葉(4枚)は手で適当な大きさにちぎり、梅干し(1個)は種を除いて包丁で細かくたたきます。


器に、たたいた梅干し、削り節(3g)、醤油少々を入れて混ぜます。

10_20220729092801 11_20220729092801
そこに、ミョウガ、青シソの葉を加え、よく和え、別の器に盛り付けたら、もう完成です!


そして、この料理の美味しさをさらに倍増させていただくには……この時期旬の日本酒を合わせていただくこと……ですよね!

12_2022072909280115-3_20220729092801  
今回は社長の指示で、「司牡丹・本醸造生貯蔵酒」を選ばせていただきました。

16_20220729092801
通常の日本酒は加熱殺菌を2回行いますが、このお酒は生酒のまま零下で貯蔵し、瓶詰め時に1回だけ加熱殺菌するため、「生貯蔵酒」と呼ばれているのです。

17-2_20220729092801
1度も加熱殺菌しない「生酒」は極めて風味が変化しやすく、要冷蔵ですが、「生貯蔵酒」は常温流通・常温保管ができて、かつ生酒的なフレッシュな風味も堪能できるのです。


特にこの「司牡丹・本醸造生貯蔵酒」は、ほのかな柑橘類の風味があってフレッシュ感があり、ソフトで爽やかな口あたりと軽快な喉越しが心地よく、暑い日などにキーンと『花冷え』(10℃程度)に冷やしていただけば、最高の美味しさなのです!

18-3_20220729092801
では早速、キーンと冷やしたこのお酒と、このお料理を合わせていただいてみましょう。


まずは「ミョウガと青シソの梅肉和え」を一口……。


はい!これはもう間違いないですね。テッパンの美味しさです!


しかし、その美味しさの表現となると、これは結構難しいもので……社長!宜しくお願いいたします!


「まずは旨い!の一言ながやき。

21-3_20220729092801
青シソの高い香りに包まれ、梅肉の酸味・塩味と鰹節のうま味の中に際立つ、ミョウガのシャキシャキ感と独特の風味と爽やかさが、絶妙に調和しもって口中に膨らんで、シンプルやけんど見事な酒の肴として成立しちゅうがよ。


ミョウガも青シソも梅肉も鰹節も、通常は主役にならん、薬味的な存在やけんど、名脇役が4人揃うことで、見事なまでに大スター的役割を果たしちょって、一口食べた瞬間に酒の肴として『旨い!』の一言が出て、お酒が欲しゅうなる、それも淡麗辛口の日本酒が欲しゅうてたまらんなるがやき。


そこに『司牡丹・本醸造生貯蔵酒』をキュッと……。

20-2_20220729092801
後口に残る青シソの香りと、ミョウガ独特の風味、梅肉の酸味と塩味、鰹節のうま味を、この酒の、ほのかな柑橘類の風味とフレッシュ感とソフトななめらかさが、下から支えるようにして引き立て、見事に融合さいて膨らまいたかと思うた次の瞬間、あまりに潔いばあ、サラリと爽やかに洗い流してくれるがよ。


ほいたら、またこの料理をついつい一口食べてしまうがやき。


この料理を食べりゃあ、またついついこの酒を飲んでしまうがよ。


飲んだらまたこの料理が食べとうなる……。


こりゃあ交互にやりゃあ、間違いのう止まらんなるがぜよ!」


社長、ありがとうございました。

19_20220729092801
社長の表現の、「ミョウガも青シソも梅肉も鰹節も、通常は主役にならない薬味的な存在ながら、名脇役が4人揃うことで、見事なまでに大スター的役割を果たしている」というくだりが、ワタクシすっごく好きです。


このお料理は、そんな素敵なお料理の代表的存在と言えますし、そして何より美味しくて日本酒と最高に合いますし、さらに健康にもいいし、ナチュラルパワーを与えてくれる……これは本当に、コロナ第7波の圧力にも、猛暑にも、豪雨にも負けない、そんなパワーを与えてくれそうですね!


ああ麗しき、土佐の盛夏!旬どきのうまいもんに……乾杯!

 

■「司牡丹・本醸造生貯蔵酒」(本醸造生貯蔵酒)は、コチラをクリック!

 

 

 

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

 

司牡丹酒造株式会社

 

| | コメント (0)

2022年6月29日 (水)

土佐の夏を体感!「アジの刺身 生姜醤油和え」って知っちゅう?

6月も末となり、異例の早い梅雨明けが各地で伝えられ、全国的な猛暑も伝えられています。


皆さん、こんにちは。長かったコロナ禍も収束に向かっているようですが、今度は猛暑対策に気をつけなければと気を引き締めている、司牡丹総務部社員のリカコです。

…と、いうことで、そんな猛暑など、吹き飛ばしてしまうほど美味しい、土佐の高知の旬の絶品お料理を、是非今回は宜しくお願いいたします、社長!


「まかいちょき!ほいたら今回は、先月に引き続いて旬のアジを使うた、『アジの刺身 生姜醤油和え』をご紹介さいていただきたいがやき。

10-3_20220629104201
ちなみに先月は『新生姜のアジフライ』で、今月は同じ材料のアジと生姜を使いはするけんど、アジは生で、生姜はヒネ生姜を使うきに、全く違うた味わいやし、さらに猛暑時でもサッパリと、こぢゃんと美味しゅういただける料理やき、猛暑らあ吹き飛ばすばあ絶品ながよ!」


はい。了解いたしました!


ではまず、アジ(鯵)についてご紹介させていただきましょう。

2-2_20220629104501
なお、この内容は先月と全く同じものを、あらためて掲載させていただきましたので、その点はご了承ください。


アジは、スズキ目アジ科に属する海水魚の一種。


日本近海には20種類近くが生息しているといわれています。


なかでも漁獲量No.1で、1年中獲れるマアジが最も人気だそうです。


またアジは、「味が良いからアジ」と言われるほどで、肉質は脂肪分が少なく弾力のある身が特徴で、さっぱりとした味わいが特に日本人に好まれています。


最も味が美味しくなる旬の季節は夏場の6~8月。

2-2_20220629104501
新鮮なものほど美味しく、目が澄んでいるもの、身が太っているもの、皮にツヤがあり青光りしているものが、鮮度が良く美味しいと言われています。


栄養的には、ビタミンB1、B2、カリウム、カルシウム、タウリンや、「グリシン、アラニン、グルタミン酸」といった旨み成分や、DHA、EPAなども含まれる栄養満点の魚なのです。


タウリンはコレステロール値を下げて高血圧や動脈硬化の予防に、EPAは血管を広げ血管壁を若々しく保ってくれます。


また、タウリンとEPAの相乗効果により、質の良い血液が全身を巡りやすくなり、血行不良から来る偏頭痛や疲れ目、肩凝りなどの改善にも効果があります。


さらに「脳の栄養」とも言われているDHAが、脳や神経組織の発育や機能を維持する役割を持っており、記憶力の低下や目の疲れも防いでくれます。


刺身、焼き魚、煮魚、揚げ物、干物と、幅広く調理可能なアジですが、やはりこの時期のアジは、鮮度の良いものを選んで、刺身やアジフライにするのが最高でしょう。


お次は、生姜について。

3_20220629104201
こちらも、先月の「新生姜」の内容と、ほぼ同じ内容ですので、ご了承いただけましたら幸いです。


一般に生姜という場合、通年出回っているヒネ生姜のことを指します。


ヒネ生姜は、囲い生姜とも呼ばれ、前年に種生姜として植え付けた根塊の部分を、貯蔵して随時出荷されるもので、繊維質で辛みが強いのが特徴です。


ところで、生姜の英語名は「ginger」ですが、この言葉には「元気」という意味もあるそうです。


さらに生姜の学名の「officinale」は、ラテン語の「薬用」を意味しているのだとか。


そんな名の通り、生姜には様々な優れた効用があるのです。


辛み成分のジンゲロールやショウガオールは、抗酸化作用が強く、殺菌効果があり、食欲増進や新陳代謝を高め、血行を良くして身体を温める効果や、美肌効果、ガンの予防効果まであると言われています。


また、香気成分であるシネオールやジンギベロールには、胃液の分泌促進や発汗などの作用があり、風邪の予防や、夏バテや冷房病の冷え等の改善に効果があると言われています。


「冷えは万病のもと」と言われていますから、冷えをとって身体を温めてくれる生姜は、「健康のもと」であるとも言えそうです。


ナント漢方薬の5割以上には生姜が含まれているのだそうですから、やはり「健康のもと」は事実であると言えるでしょう。


さらに最近では、脂肪を燃やす効果なども報告されているようで、メタボ対策にも注目されているのだとか。


とにかく生姜は、すごい!


特に冷え予防や美白効果、ダイエット効果など、女性にとっては嬉しい効果が多い点が最高でしょう!


しかし、こういった有効成分は、胃腸の粘膜を刺激してしまうこともあるようですので、取り過ぎには充分注意をしてください。


そして、国内産生姜の40%以上の生産量を占め、生姜生産量日本一なのが、実は高知県なのです!


高知県産の生姜は、その品質の高さも含め、他の追随をゆるさないほどなのだとか。


高知県外の皆さんにも、是非高知県産モノを選んでいただけましたら幸いです!


では早速、そんなアジと生姜を使った絶品レシピ、「アジの刺身 生姜醤油和え」をご紹介いたしましょう。


ちなみにこのメニューは、社長の行きつけの小料理屋、高知市の「なとな」の女将さんがサッとつくって出してくれる、「アジのしゅっと和えたが」を参考にさせていただいたお料理なのだそうです。


作り方は、とにかく簡単。


鮮度の良いアジの刺身に、生姜おろしと醤油と小口切りした小ネギをたっぷり加えて、文字どおり「しゅっと和えた」ら出来上がりです。

4_202206291042015_202206291042016_20220629104201 7_20220629104201

あまりに簡単な料理ですが、その美味しさは社長の保証つき!


鮮度の良いアジの刺身ならではのプリップリの旨味と、生姜醤油独特の旨辛味が絶妙にマッチし、小ネギの食感と風味が、とてもいい仕事をしているのだそうです!

10-3_20220629104201 8_20220629104201
そして、猛暑続きで食欲がないときなどでも、ついつい箸が進んでしまう、爽やかな美味しさを宿した、真夏にお薦めのお料理といえるのだとか!


そして、このお料理の美味しさをさらに倍増させていただくには……この時期旬の日本酒を合わせていただくこと!ですよね!


今回は社長の指示により、特に旬の日本酒ではなく通年販売商品ですが、日本一の清流「仁淀川」をイメージさせる香味を持つ、「司牡丹・仁淀ブルー」(純米酒)を用意させていただきました。

11_2022062910420112-2_20220629104201 

清流のイメージの香味を持つ日本酒は、キーンと冷やしていただけば、まさに夏場にバッチリなのだそうです!


では早速、「アジの刺身 生姜醤油和え」を、いただいてみましょう。


まずは一口……ぱくり。……うわっ!!おいっし~~いっ!!


ワタクシがこれまでいただいたことのある、生姜おろしをチョコッと乗せて醤油をつけていただくだけのアジの刺身とは、まったく別物の美味しさです!


何ですかぁ?!この美味しさは!?社長!コメント宜しくお願いいたします!

15-3_20220629104201
「鮮度のえいアジならではのプリップリの食感とジューシーな旨味が、生姜醤油の独特の旨辛味と絶妙に融合して、さらに生姜醤油とからんだタップリの小ネギの食感と風味が、見事なアクセントとなり、それらあが三位一体となって調和しもって口中いっぱいに膨らんでいくがやき!


ほんで、この美味しさは、間違いのう日本酒が欲しゅうて欲しゅうてタマランなる味わいながよ!


アジの刺身、生姜醤油、小ネギ……この3点の組み合わせは、酒の肴の『ミラクルスリー』と言うたち過言やないろう!


ほんでさらに、まさに喉から手が出て来そうになるばあ、日本酒を欲しはじめたその瞬間、キーンと冷えた『司牡丹・仁淀ブルー』をキュッと……。

14-2_20220629104201
このお酒の、柑橘類を彷彿とさせるような含み香とやわらかな酸味、さらになめらかに膨らむ爽やかな味わいが加わることで、『アジ+生姜醤油+小ネギ』の融合した『口福』を、一瞬口中で倍増さいたかと思うたら、後口は、こぢゃんと爽やかに心地ようキレていく……。


『アジ+生姜醤油+小ネギ』の絶妙な風味の輪郭を消すことのう、口中に清々しゅうて爽やかな感覚がフワリと膨らみ、後口はスーッと消えていく……。


そりゃあまさに、映画『竜とそばかすの姫』で聖地と言われるようになった、『浅尾の沈下橋』から日本一の清流仁淀川に飛び込んだ時のような心地好さ!


これぞまさに土佐の夏っちゅう感覚を、疑似体験したような美味しさやといえるがぜよ!」


社長、ありがとうございます!


まさに社長の表現されたとおり、この「アジの刺身+生姜醤油+小ネギ」を「しゅっと和えただけ」という組み合わせに、清流のイメージの辛口日本酒を合わせるというマッチングは、あまりに簡単でありながら、本当に奇跡のような美味しさになるんですね!


旬の単純なお料理と日本酒のマッチングの奥深さを、今回は身をもって体感させていただきました!

13_20220629104201
これなら確かに、猛暑なんか吹き飛ばしてしまうほどの美味しさだと、ワタクシも断言させていただきます!


ああ麗しき、土佐の初夏!旬どきのうまいもんに……乾杯!

 

◾️「司牡丹・仁淀ブルー」(純米酒)は、コチラをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

 

司牡丹酒造株式会社

 

| | コメント (0)

«夏の旬の味!「新生姜のアジフライ」って知っちゅう?