« 冬のグレ・ネイリ・ハガツオ・スマ・アカムロの刺身は絶品って知っちゅう? | トップページ | 「ポンカンと白菜・胡瓜の酢の物」の美味しさって知っちゅう? »

2021年1月27日 (水)

冬が旬の葉にんにくとベーコンの串焼きの美味しさを知っちゅう?

皆さん、大変大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

11-3

 

司牡丹総務部社員のリカコです。

 

 

令和3年最初の旬どきブログ、本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

さて、昨年末の12月は例年より冷え込む寒い日が多かったようですが、新年に入るとグッと冷え込む日があったかと思えば、春のように暖かい日もあったりと、土佐の高知は気温差が激しい毎日です。

 

 

こんな時には風邪をひきやすく、また新型コロナもまだまだ猛威を奮っていますので、皆さんくれぐれも体調管理にはお気をつけくださいね。

 

 

さて、そんな時期に取り上げる土佐の高知の旬の食材は、何でしょうか、社長?

 

 

「こんな気温差が激しいときにゃあ、風邪をひきやすかったり、ウイルスに罹患したりしてしまいがちやき、そんなときにゃあ滋養強壮効果の高い旬のスタミナ野菜がお薦めながやき。

 

 

ほんで、まさにピッタリの冬の緑黄色野菜が、高知県にゃあ存在しちゅうがよ。

 

 

そりゃあ『葉にんにく』ながやき。

3-3_20210127104101

 

今回は、そんな葉にんにくを使うて、しかも簡単にできて絶品の、『葉にんにくとベーコンの串焼き』を、取り上げさいていただきますぜよ!

 

 

ほいたらリカコさん、葉にんにくについて、早速調べとうせや。」

 

 

はい。了解いたしました。

 

 

葉にんにくは、高知県一円で冬場には一般的にどこでも売られていますが、他県ではあまり見かけることのない冬の緑黄色野菜です。

 

 

にんにくの成長過程の若い葉を収穫したもので、春になるとにんにく芋が成長し、養分がそちらに取られるため、葉はお美味しくなくなるそうですから、やはり葉にんにくの旬は冬場ということになります。

 

 

そして何といっても葉にんにく最大の特徴は、栄養面の効果が大変優れたスタミナ野菜だということ。

 

 

カロテン、カリウム、カルシウム、ポリフェノール、ビタミンC、鉄分などが豊富で、なかでも特筆すべきはアリシンの薬効なのだそう。

 

 

アリシンは、殺菌、抗菌作用に優れた成分で、その強力さは、10万倍に薄めた液でも、コレラ菌やチフス菌や赤痢菌などに強い抗菌力を示すのだとか!

2-2_20210127104101

 

さらに疲れやすい体に不足しがちなビタミンB1の吸収を助け、滋養強壮やエネルギー吸収にも役立つというのですから、確かにこれはスゴいですね。

 

 

しかし、いくら栄養価が優れていても、

美味しくなければあまり意味がありません。

 

 

ところがこの葉にんにく、とにかく美味しいんです!

 

 

土佐の高知では、ヌタにしていただいたり、ニラと同じ使い方で、すき焼きの具材に欠かせない存在でもあります。

 

 

今回は、司牡丹酒造のある佐川町内でトータルビューティサロン「ハートフル ~癒しの隠れ家サロンheartful~」https://heartful2012.wordpress.comを営んでいらっしゃる石崎紀美江さんが葉にんにくを作っていらっしゃるという情報を仕入れ、石崎さんのご厚意で畑の葉にんにくをたくさんいただくことができました。

Photo_20210127104201

「畑の葉にんにくをどうぞお持ち帰りください」とのことで、ワタクシ、お教えいただいた畑の場所まで参上し、調子に乗って根っこからたくさん引き抜かせていただきました。

 

帰る途中、新鮮な葉ニンニクの香りが車内に立ち込めて、身体が浄化されていくような感覚でございました。

 

そんな葉にんにくを使った料理として今回社長が提案するのは、「葉にんにくとベーコンの串焼き」です。

 

 

ちなみにこのお料理ですが、201612月に放送された「満天☆青空レストラン」にて取り上げられ、絶賛されたものなのだそうです!

 

 

とにかく簡単にできて絶品で、栄養価も高くて、さらに酒の肴としても最高の料理ですから、もはや言うことなしでしょう!

 

 

では早速、「葉にんにくとベーコンの串焼き」を、作ってみましょう。

 

 

まず葉にんにくを水洗いし、ベーコンと同じくらいの長さに切ります。

4_20210127104101

 

そして、切った葉にんにく2枚くらいをベーコンで巻き、くずれないように竹串2本で刺します。

6-2_20210127104101 5_20210127104101

 

そして黒胡椒を振りかけ、弱火でじっくり焼いたら、もう完成です。

7_20210127104101

 

これは簡単ですね。

8_20210127104101

 

そして、この旬の料理の美味しさを、さらに倍増させるには・・・旬の日本酒を合わせていただくこと!・・・ですよね!

 

 

今回社長がお薦めするお酒は、季節限定ではないですが、冬場にぴったりの燗酒に向いていて、しかも葉にんにくの強烈な風味に対抗できる骨太な男酒ということで、「船中八策・きもと」(超辛口・きもと仕込み純米酒)

のぬる燗(40℃程度)となりました!

12_20210127104301

 

このお酒は、明治新政府のあり方について、坂本龍馬さんが船中にて考え出した策に由来する、ロマン漂う逸品「船中八策」の、昔造りの「きもと」バージョンです。

 

 

その香味は、品の良いナチュラルな香りは定番同様ですが、なめらかに膨らむ味わいの部分に、ほのかな酸による幅が感じられます。

 

 

そして、「船中八策」の代名詞とも言うべき後口の抜群のキレの良さは、酸による幅からの落差がより感じられ、一層のキレの良さを感じさせてくれます。

14_2021012710430115-2_20210127104301

 

また、ぬる燗にすると、より幅のある膨らみをしっかり感じさせてくれるため、定番以上に燗酒向きと言えるでしょう。

13_20210127104301

 

では早速、「葉にんにくとベーコンの串焼き」と、「船中八策・きもと」を合わせて、いただいてみましょう!

16_20210127104301

 

まずは「葉にんにくとベーコンの串焼き」から・・・わあ!いい匂い!芳ばしい香りが食欲をソソります!

 

 

パクリ・・・もぐもぐ・・・お、美味しいっ!

 

 

こんな簡単でシンプルなお料理なのに、何ですかぁ、この美味しさはっ!?

18-3_20210127104301

 

社長!コメント、宜しくお願いいたします!

 

 

「まず、芳ばしゅう焼けたベーコンと葉にんにくの香りが、こぢゃんとえい匂いで、確かに食欲をソソるがやき!

 

 

パクリ・・・ムシャムシャ・・・おおっ、こりゃ旨い!

 

 

ベーコンの旨味と塩味、黒胡椒の辛味、ほんで葉にんにくの独特の風味が、芳ばしゅうに焼けた風味をまといもって、口中いっぱいに膨らむがよ!

 

 

味付けは黒胡椒のみで、他はベーコンの塩味だけたぁ、まず思えんばあ豊かな美味しさながやき。

 

 

そこに『船中八策・きもと』を湯煎した、ぬる燗(40℃程度)をキュッと・・・。

17-2_20210127104301

 

くうぅぅぅ~~~っっっ!!!うんまいっ!

 

 

やっぱし、辛口の『きもと』のぬる燗と、にんにく風味の組み合わせは、間違いないがぜよ!

 

 

口中いっぱいに膨らんだ、にんにくの風味と焼けた芳ばしい風味、さらに旨味や塩味や辛味らあのあらゆる味わいが、口中いっぱいから全身に、心の奥まで沁み渡っていくように、

見事にたなびいていき、後口は潔いばあサラリとキレるがよ。

 

 

こりゃあ、交互にやりゃあ、箸も杯も止まらんなってしまう、冬ならではの美味しさのシンフォニーやといえるがやき!

 

 

ほんで、この沁みいるような幸福感が、きっとウイルスらあて、吹き飛ばしてくれるはずながぜよ!」

 

 

社長、ありがとうございました。

 

 

確かにおっしゃる通り、今回の「葉にんにくとベーコンの串焼き」は、とっても簡単にできますし、栄養価も高くて今の時季にピッタリですし、何より予想以上に美味しくて、日本酒にもバッチリでした!

 

 

そして、またワタクシの得意料理が1品増えました!

 

 

ああ麗しき、土佐の厳寒!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

 

 

◼  「船中八策・きもと」(超辛口・きもと仕込み純米酒)は、こちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

 

司牡丹酒造株式会社

 

|

« 冬のグレ・ネイリ・ハガツオ・スマ・アカムロの刺身は絶品って知っちゅう? | トップページ | 「ポンカンと白菜・胡瓜の酢の物」の美味しさって知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のグレ・ネイリ・ハガツオ・スマ・アカムロの刺身は絶品って知っちゅう? | トップページ | 「ポンカンと白菜・胡瓜の酢の物」の美味しさって知っちゅう? »