« 2017年7月 | トップページ

2017年8月30日 (水)

高知特産のオクラの梅肉和えは夏バテ解消に最適って知っちゅう?

お盆休みも終わり、いよいよ8月も終盤ですが、まだまだ暑い日が続いていますね。

153

 
 
皆さんこんにちは。今年の高知の暑さは本当に酷しく、ちょっと夏バテ気味の、司牡丹総務部社員のリカコです。
 
 

1

さて、そんな夏の終わりに取り上げる、土佐の高知の旬の食材は、何でしょうか社長?
 
 
「そうじゃのう。リカコさんが夏バテ気味やっちゅうき、8年ばあ前にいっぺん取り上げたことがあるオクラと、もう1つ梅干しを使うて、夏バテ解消効果の高い『オクラの梅肉和え』にしょうか。
 
 
ほんじゃき今回は、オクラと梅干しの2つについて、調べとうせや。」
 
 
え~っ?!2つもですかあ?・・・ま、オクラについては8年前の内容をコピペすれば、いっか!
 
 
と、いうことで、まずオクラですが、高知県がトップ産地の、夏場の重要な作物の代表選手ですね。
4
 
 
あの独特の粘りの成分は、ムチン、ペクチンなどの食物繊維。
 
 
ムチンにはタンパク質の吸収を助ける働きがあります。

 

 
63
 
ペクチンは、毒素を体外に排出する働きや整腸作用があり、お腹のトラブルに有効です。
 
 
さらに緑黄色野菜であるオクラは、カロチンやビタミン群はもちろん豊富で、さらにカルシウムや鉄、カリウムなどのミネラルも含んでいます。
 
 
つまりオクラは、栄養豊富で夏バテ防止やスタミナ補給にも効果があるといえるわけです。
次に梅干しですが、まずあの酸っぱさの基はクエン酸で、疲労回復効果や抗酸化作用、殺菌効果などがあります。
 
 
さらに梅干しは、オクラ同様食物繊維も豊富で、整腸作用があり、お腹のトラブルに有効です。
 
 
さらにさらに、これまたオクラ同様カリウムも豊富で、筋肉の働きを促進したり、老廃物の排泄を促
7
す効果もあるのだとか。
 
 
また、梅干しに使われているシソにも、ビタミンやミネラルが豊富で、抗菌・防腐効果、貧血予防、抗酸化作用もあるのだそうです。
 
 
・・・これって、オクラと梅干しって、夏バテ解消に最適な、最強タッグってことじゃないですかっ!
 
 
今のワタクシにまさにピッタリ!

 

 
 
ありがとうございます!社長!
8
 
 
では早速、「オクラの梅肉和え」を作ってみましょう。
 
 

 

作り方はいたってカンタン。まずオクラをサッと茹で、冷水に取って水気を切り、冷
9
やしておきます。
 
 
次に梅干しの種を取り、梅肉を適当な大きさに刻み、そこに隠し味でメンツユをを少々加えます。
 
 
そしてオクラを適当な大きさに刻んで、先ほど作った梅肉ソースと和えれば、もう完成です!
 
 
これはチョー簡単。失敗しようがありませんね。
 
 
さて、この「オクラの梅肉和え」の美味しさをさらに倍増させ
るには・・・そうです。この時期旬の日本酒を合わせること
10
!・・・ですよね。
 
 
しかし8月末のこの時期は、夏の生酒などの夏酒は、どこも既に売り切れている可能性が大ですから、今回は、定番商品の中から夏らしい爽やかさを持った「司牡丹・仁淀ブルー」(純米酒)を選らばしていただきました。
 
 

 

12

10℃~15℃程度に冷やしていただけば、ほのかに柑橘類を彷彿とさせるような爽やかな風味が、まさに5年連続日本一の清流に輝いた仁淀川の、「奇跡のブルー」のイメージを脳裡に浮かばせてくれます。

 

 
 
さて、では早速いただいてみましょう。
 
 
まずは「オクラの梅肉和え」を一口。
 
 
・・・シャクシャク・・
16
・あ、これは美味しいです!
 
 
オクラは生よりもサッとゆでた方が、口あたりも色合いもネバリもよくなって、一層美味しくなります。
 
 
さらに梅肉の酸味と塩分が、タマリません!

 

 
 
もう一口いただいてから、「司牡丹・仁淀ブルー」をクイッ。

 

 
 

183

うん!バッチリではないでしょうか。
 
 
このお酒のほのかな酸味と梅肉の酸味が、お互いを補強し合うかのようで、お互いを引き立て合っているのではと感じたのですが、社長はいかがでしょうか?
 
 
「まさにおっしゃる通りぜよ、リカコさん!
 
 
このお酒のほのかで爽やかな酸味の効果で、まず梅肉の風味が一層引き立つがやき。
 
 
ほんで、口中に残っちょった梅肉の風味、隠し味のメンツユの旨み、オクラのシャクッネバッな食感の輪郭や素材の旨みや、ほのかな青臭さらあが、一瞬見事に融合して膨らみを増したかと思うたら、サァーッと心地えいばあ爽やかに流れていって、スッキリとキレのえい後口になるがよ。

202

 
 
こりゃあ交互にやりゃあ、ナンボやち飲めそうで、箸も杯も止まらんなって、食欲もこぢゃんと湧いてきて、夏バテらあ吹っ飛んでしまいそうな美味しさで、まっこと晩夏にふさわしい見事な組み合わせと言えるがぜよ!」
 
 
ありがとうございます、社長!ホントに体内に何かのパワーが沁み込んでくるかのようで、元気が湧いてきて、さっきまで夏バテ気味だったのがウソのようです。
 
 
これは毎年の暑い時期の定番にしたい、まさに最強の組み合わせではないでしょうか。
 
 
ああ麗しき、土佐の晩夏。旬どきのうまいもんに・・・乾杯!
 
 
■ 「司牡丹・仁淀ブルー」(純米酒)は、コチラをクリック!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

司牡丹酒造株式会社

 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ