« 夏に最適!ズッキーニのオリーブオイル炒めって知っちゅう? | トップページ | 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第33回秋の集い〉開催! »

2014年8月29日 (金)

夏の定番!ブシュカンがけ冷奴って知っちゅう?

 今年は、8月に入ってから台風やら豪雨やらで、高知県は1ヶ月近く連日雨天という前代未聞の天候が続いています。
 
 
2
 県内も含め、全国各地で災害被害に遭われた皆さんに、心からお見舞い申し上げます。
 
 
 皆さん、こんにちは。我が家の近所も、2回ほど道路が水没して大変だった、司牡丹総務部社員のリカコです。
 
 
 さて今回は、そんな悪天候を吹き飛ばすような、美味しい土佐の旬のお料理を、是非社長、よろしくお願いいたします!
 
 
 「本来やったら猛暑の時期やけんど、雨天だらけで今年の高知の8月は、まっこと暑さが厳しゅうないのう。
 
 
 そうは言うたち、8月も終盤やっちゅうたち、まだ夏は夏やし、そんな雨天や悪天候も吹っ飛ばすような爽やかな旬の料理をご紹介さいていただこうかのう。
 
 
 そんな料理っちゅうたら、やっぱし夏の定番、冷奴やろう。
 
 
 それも、高知ならではのブシュカンがけ冷奴を、ご紹介さいていただきますぜよ。」
 ブシュカンがけ冷奴・・・?
 
 
 ブシュカンって、以前もご紹介したことのある、あの香酸柑橘(こうさんかんきつ)類、土佐で言う「酢みかん」のひとつですよね?
 
 
 なるほど、冷奴にバッチリ合いそうですね!
 では、以前にもご紹介したことがありますが、ブシュカンについて、少しご紹介させていただきましょう。
 
 
 ブシュカンは、そのまま食用にはせず、搾りかけて使う香酸柑橘類(土佐で言う「酢みかん」)のひとつで、正式名称は、餅柚(もちゆ)といいますが、土佐では、あくまでブシュカンです。
 
 
 ブシュカンは漢字で書けば仏手柑ですが、これは仏様の御手にのっている宝珠に似ていることから、この名がついたと言われています。
 
 
 ちなみにネットなどでブシュカンを検索すると、本当に手みたいな形をした柑橘類が現れたりしますが、このブシュカンは全く別物です。
 
 
 手の形をしたブシュカンも一応柑橘類ですが、一般的には観賞用で、こちらは「手ブシュカン」と呼ばれ、土佐のブシュカンは「丸ブシュカン」と呼ばれています。
 
 
 土佐の高知には、酢みかん、つまり香酸柑橘類が豊富で、旬としては、7月から9月頃にかけて青柚子が出て、8月から9月頃にブシュカンが出て、9月から10月頃に直

Photo

七(なおしち)が出て、10月から12月頃に熟した黄柚子が出るという流れになります。
 
 
 それぞれの酢みかんは見た目は似ていますが、香りや味わいに個性があって、搾りかければすぐに分かるほどの違いがあります。
 
 
 柚子の特徴はその芳香、独特の香りの高さですし、直七は酸味が柔らかくまろやかな酸っぱさが特徴で、ブシュカンは何と言っても、爽やかな酸味の強さが特徴です。
 
 
 ブシュカンは、高知県内の四万十地区などでは一般家庭でもよく使われており、地元の人からは「酢の王様」として愛されているようです。
 
 
 しかし、高知県外の方にとっては、柚子は手に入るでしょうが、ブシュカンと直七は、なかなか入手が困難でしょう。
 
 
 ちなみに高知県内でしたら日曜市やその他の街路市(http://www.pref.kochi.lg.jp/kochi/kochi12.html )で販売されていますので、高知に旅行される方にとっては、季節に合わせた酢みかんを手に入れることは比較的容易です。
 
 
3_2
 あとは、最近はネット通販しているところもあるようですので、検索して、是非探してみてください。
 
 
 ・・・こんなところでいかがでしょうか、社長?
 
 
 「バッチリぜよ、リカコさん。
 ちなみに今回の料理は、ブシュカンの代わりに青柚子、つまり柚子の青玉を使うてもOKながやき。
 
 
 ほんじゃき、県外の方々で、ブシュカンが手に入らんかったら、代わりに青柚子を使うてみてくださいや。
 
 
 酸味はブシュカンにゃあ負けるけんど、香りは柚子の方が高いきに。
 
 
 さてほいたら早速、ブシュカンがけ冷奴を作ってもらおうかのう。
 
 
 ちなみに今回の冷奴のポイントは、NHK「今日の料理」で紹介されたレシピを参考にさいていただいたがよ。
 
 
Photo_2
 リカコさん、よろしゅう!」
 
 
 はい。がんばります!
 
 
 
え~と、まずはお豆腐を一丁用意します。
 
 
Photo_4
 今回は、四万十大豆使用の木綿豆腐を使わせていただきました。
 
 
 まずは豆腐をサッと流水で洗い、適当な大きさに切り分けま
す。
 
 
 そしてここからがポイントなんですが、ボウルに「おいしい水」を用意して、そこに日本酒(大さじ1杯程度)と塩(小さじ1/4程度)を加え、よく混ぜて塩を溶かし、そこに豆腐を入れるのです。
 
 

Photo_3

 ウチの場合、「おいしい水」といえば、何といっても仕込水ですので、「司牡丹の仕込水」(日本一の清流・仁淀川水系の湧水・軟水)を使わせていただきました。
 
 
 で、このボウルにラップをかけて、1時間以上、冷蔵庫に入れて冷やします。
 
 
2_2
 今回は2時間程度冷やしてみました。
 
 
 さあ、いよいよブシュカンがけ冷奴の準備です!
 
 まずは取り出した冷奴の上に、おろしがねでブシュカンの皮をすってかけます。 
 
Photo_7
 
 そして醤油をかけ、あとは半分に切ったブシュカ
ンを添えて、もう完成です。
 
 
 いただく時には、ブシュカンをギュッと搾りかけていただきます。
 
 
 シンプルですが、ブシュカンの酸味の強い香りが漂い、これは食欲をそそりますね!
 
 
 さて、さらにこのお料理の美味しさを、 今回は、日本一の清流・仁淀川つながりで、「司牡丹・仁淀ブルー」(純米酒)を合わせてみました。倍増させていただくには・・・旬の日本酒を合わせていただくこと!・・・ですよね!
 
 
Photo_8
 もちろん、冷奴の水に加えた日本酒も、このお酒を使いました。
 
 
 では、まずは冷奴にブシュカンをギュッと搾りかけて一口・・・ぱくり・・・
 あ!爽やか!美味しいです!
 
 
 ブシュカンの皮の青々しい風味とブシュカン果汁の強い酸味が、醤油の辛みや旨みにアクセントを与えて、これは本当に爽やか!
 
 
 豆腐自体も、日本酒と塩を加えた仕込水に浸け込まれたことで、臭みが全く無くなるというか、清涼感が増したように感じました。
 
 
3_4
 さらに「司牡丹・仁淀ブルー」をキュッと一口・・・。
 
 
 あ!風味が似てます!ブシュカンの柑橘の風味が、このお酒の中にも含まれているような、そんな感じで、爽やかさが倍増するように感じます!
 
 
 ・・・ワタクシのコメントでは、このくらいが限界ですが、社長いかがでしょう?
 
 
 「うん!リカコさんの言う通りぜよ!
 
 
2014829
 この酒の風味にゃあ、柑橘類を想わせるような爽やかな酸味がほのかに感じられるき、実は柑橘類を使うた料理との相性は、抜群ながやき。
 
 
 しかもその酸味が、こぢゃんと爽やかで、日本一の清流・仁淀川の「仁淀ブルー」と呼ばれる神秘的な清らかさのイメージを、思いおこさしてくれるがよ。
 
 
 
 しかも、豆腐自体も爽やかで、かけたタレも爽やかで、合わせるお酒も爽やか
 やき、口中で爽やかさの三重奏が膨らみ、見事なフルオーケストラを奏でるかのようで、心の中に「仁淀ブルー」の風景が、リアルに描き出されてくるかのようながやき!
 
2_3
 こりゃまっこと、暑さも
 悪天候も吹っ飛ぶ、絶品の組み合わせながぜよ!」
 
 
 社長、ありがとうございました。
 
 
 本当におっしゃる通りです!
 
 
 
 この上ない爽やかさで、心の中が晴れ晴れとしてくるもんですから不思議なものですね。
 
 
 
 
 ワタクシの夏の冷奴のいただき方は、今後はコレに決まりです!
 
 
 
 あぁ麗しき、土佐の残暑!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!
 
 
 
 
■ 「司牡丹・仁淀ブルー」(純米酒)は、コチラをクリック!
 
 
 
 
 
 
 
 
 土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

|

« 夏に最適!ズッキーニのオリーブオイル炒めって知っちゅう? | トップページ | 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第33回秋の集い〉開催! »

コメント

これ、ブシュカンって呼ぶのですか。ずっとこれが唯一の「酢蜜柑」と思っていました。當然ながら柚子は柚子柑で・・・・
亡き祖父はお刺身にはこれを絞って醤油を入れた小皿に加えていました。
そして日本酒かビールで晩酌が日課でした。
これもいたずりと同じく懐かしい思い出です。

投稿: しも | 2014年9月13日 (土) 13時15分

しも様

 またまたコメントをいただきましてありがとうございます!
ブシュカンはワタクシも実はここ2,3年の内に初めて知りました。
今ならメジカの新子、焼きサンマなどにギュッと搾りかけると最高です! 

 ご祖父さまもお刺身に搾っておられたのですね。ブシュカンに限らず酢みかん類は、塩分を控えなければならないときに、少量のお醤油でも爽やかな風味を添えてくれてとても役立ちます。

ああこう云っているうちに、ブシュカンをタップリかけたお刺身が食べたくなってきました。

投稿: リカコ | 2014年9月15日 (月) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/60227252

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の定番!ブシュカンがけ冷奴って知っちゅう?:

« 夏に最適!ズッキーニのオリーブオイル炒めって知っちゅう? | トップページ | 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第33回秋の集い〉開催! »