« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第31回春の集い〉開催! | トップページ | 土佐の初夏の定番!そら豆の丸焼きって知っちゅう? »

2014年4月28日 (月)

絶品!チャンバラ貝の塩ゆでって知っちゅう?

 ゴールデンウィーク真っ只中、夏も近づく八十八夜も目前の4月末、いよいよ土佐の高知は、夏が近づいて来たことが体感できる陽気になってきました。

 2皆さん、こんにちは。今から日焼け対策に余念がない、司牡丹総務部社員のリカコです。

 さて、今回取り上げる土佐の旬の食材は、いったい何でしょう、社長?

 「今回は、高知じゃああまりに定番中の定番の酒の肴やけんど、全国的にゃあ珍しい、チャンバラ貝にしょうか。」

 

 チャンバラ貝って、高知の宴会ではお馴染みの皿鉢(さわち)料理にもよく入ってる、あのトゲみたいな腕のある巻き貝ですよね?

 食べたことはあるはずなんですが、あまり味わいの記憶が・・・それって美味しいんですか?

 「何を言いゆうぜよ、リカコさん!高知におってチャンバラ貝の美味しさを知らんらあて、そりゃあモッタイなさすぎぜよ!

 あの独特の旨みは、酒の肴としちゃあ最高の部類に入るばあの美味しさながやき!

 早速近所の魚屋さんに注文して用意してもらいや。」

 はい、了解しました。

 そして、まずはチャンバラ貝について、少し調べてみました。

 まずチャンバラ貝の名前ですが、正式名称はマガキガイと言うのだそうです。

 西太平洋の熱帯・亜熱帯海域に広く分布し、日本では房総半島以南でよく見られるとのこと。

 潮間帯から水深20mくらいまでの岩礁域に生息しており、岩場や海底の微細藻類やプランクトンなどを食しているのだそうです。

Photo

 その形状は独特で、貝の身の先の本来はフタがある部分が刀のようなギザギザのトゲになっていて、これを振り回してチャンバラしているような面白い動きをするらしく、これがチャンバラ貝という名の由来なのだとか。

 1年中食べられますが、海水温度が低い時期には砂の中にもぐっていて、暖かくなってくると砂の中から出てくるようで、一般的に旬は春から夏にかけてのようです。

 また、大変傷みやすいため、真夏の7~8月は市場に出された時点でダメになっているものもあるようですので、一番良い時期は4月~6月、つまり今が旬ということになりそうです。

 そして味わいは、そのまま塩ゆでにするだけで、大変な美味なのだとか!

 身自体にほどよい甘みを持ち、ワタの旨みとクニクニした食感がクセになるほどで、酒の肴には持ってこいの、巻き貝の中でも最高ランクの美味しさなのだそう!

 知りませんでした!チャンバラ貝さん、すみません!お見それしました!

 また栄養価ですが、チャンバラ貝そのものについては調べても出てきませんでしたが、貝類全般にいえることは、タウリンなどの栄養価が大変豊富だということ。

 タウリンは、生命活動維持物質なのだそうで、血中コレステロールを下げる働きや、高血圧を防ぐ働きや、疲労回復などにも効果があるのだそうです。

 栄養価が高くて、美味しくて、酒の肴に最適で、料理も塩ゆでするだけで簡単なんて・・・これってまさに理想の食材じゃないですか!

 なるほど、だから酒好きの土佐人が好んで食べるという訳なんですね。

 こんなところでいかがでしょうか、社長?

 「バッチリぜよ、リカコさん!

 ほいたら早2014428速、チャンバラ貝を塩ゆでにしてや。」

 はい!了解です。

 まず、チャンバラ貝を軽く洗います。

 そして塩ゆでの方法は、まず水に塩を加え、海水と同じくらPhoto_2い(濃度3.5%)の塩水にして、チャンバラ貝を投入して火にかけ、沸騰してから2~3分程度ゆでます。

 コツは、必ず冷たいままの水に入れてから加熱開始するということ。Photo_3

 沸騰した湯にチャンバラ貝を入れてしまうと、貝の身が奥に引っ込んで、取り出しにくくなってしまうようなのです。

 

 あとはチャンバラ貝をお湯からザルに挙げ、お皿に盛れば、もう完成です。

 あぁ、磯の香りが辺り一面に漂って・・・とっても食欲をソソリます!

 さあ、早く早くっ!いただきましょうよ、社長っ!

2_2

 あれ?コレ、どうやって中身をいただくんPhoto_4でしたっけ?

 「どういた!チャンバラ貝の食べ方も知らんかったかよっ!

 これを知らんかったら一人前の土佐人たぁいえんきに、しっかり覚えちょきよ!

 貝の奥のワタの部分まで全部うまいこと取り出すにゃあ、ちょっとしたコツがいるがやき。

 

 まず、つまようじをこんな感じで差し込んで、身にしっかりと突き刺すがよ。

 ほんで、貝殼の方を巻き貝の巻き方とおんなじように、クルPhoto_6リと回しもって身を取りPhoto_5出すがやき。

 あせって引っ張ったりしたらワタが奥に残って取れんなるき、ゆっくり回しもって取り出すががコツながよ。

 ほんで、食べるときにゃあ刀の部分を指でつまんでいただくががお約束ながやき。

 こうすりゃあ、硬い刀の部分だっけ残して、上手に身の部分をいただくことができるっちゅう訳ながよ。

 パクリ・・・おっ!こりゃウマイっ!」

 あ、ずる~い!社長!自分だけ!Photo_8

 

 ワPhoto_7タクシも早速・・・ようじを刺して、クルリ・・・あ!出てきました、出てきました!キャー!面白い!予想以上に簡単に身を取り出せるんですね。

 パクリ・・・何コレ!チョー美味しいじゃないですか~っ!!

 塩ゆでしただけなのに、貝の身にスゴく甘みがあって、ワタの苦みもほとんど感じないし、もしかしてサザエより美味しいかもっ!

 これまでは皿鉢料理の片隅に乗ってるだけの地味な存在

 

だと思ってましたが、これからはチャンバラ貝が輝いて見えてきそうです。

 そPhoto_9して、このチャンバラ貝の塩ゆでの美味しさを、さらに倍増させて楽しむには・・・そうです!この時期旬の日本酒を合わせて楽しむこと、ですよね!

 今回は・・・4月中旬に出荷されはじめたばかりの「船中八策・零下生酒」(超Photo_10辛口・純米生酒)です。

 そのフレッシュ感と膨らみ、そして後口の抜群のキレの良さは、まさに夏場にピッタリの爽やかさ!

 例年大人気で、毎年製造量を増やしてはいますが、6月前には完売してしまうほどですので、ご希望の方はお早めに日本名門酒会(http://www.meimonshu.jp/)加盟の酒販店さんにてお求めください。

 さて、早速Photo_11チャンバラ貝の塩ゆでをいただいて・・・パクリ・・・あぁ~ん!やっぱり美味しいっ~!コレ、ホントにお酒が欲しくなる味わいですよね。

 では、「船中・生酒」をキュッと・・・

 あぁ・・・幸せっ!・・・社長!美味しすぎ3て言葉が見つかりませんっ!

 「ったく・・・美味しいがは当然やけんど、『美味しい!』とか『幸せ!』だけじゃあ、ブログ読者に『どう美味しいか』が伝わらんろうがよ。

 まずチャンバラ貝の美味しさは、何ちゅうたちその身自体が持っちゅう2_3ナチュラルな甘みながやき。

 そこに、ほのかに熟成したチーズを思わせるようなワタの部分の旨みとクニクニした食感が加わり、まっこと酒が欲しゅうなる、酒飲みのためにあるような味わいの貝ながよ。

 そこに『船中・生酒』をキュッとやりゃあ、チャンバラ貝の甘みや旨みがフワッと膨らみを増したかと思うた瞬間、潔いばあサラリと爽やかにキレていくがやき。

 ほいたらまたチャンバラ貝が食べとうなる・・・食べたらまたこの酒が飲みとうなる・・・まっこと、1つ、また1つと次々に貝に手が伸び、1杯、また1杯と次々に杯にも手が20144282伸びて止まらんなる、クセになる味わいの組み合わせながぜよ!」

 そうそう!サスガ社長!まさにそんな感じなんです!

 

 ワタクシ、この年になってあらためて、こんなに美味しいチャンバラ貝が当たり前のように出てくる土佐の高知の食材の豊かさに、感謝したくなりました!

 ちなみに高知県外の方で是非チャンバラ貝を食べてみたいという方は、コチラのサイトの商品一覧の「海の魚」のところをクリックしていただくと、高知県宿毛市の獲れたてのチャンバラ貝を送ってくれるコーナーがあります。

http://www.anshindo-d.jp/

 ああ麗しき、土佐の春暖!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

■「船中八策・零下生酒」(超辛口・純米生酒)は、コチラをクリック!

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック! 

司牡丹酒造株式会社

|

« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第31回春の集い〉開催! | トップページ | 土佐の初夏の定番!そら豆の丸焼きって知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/59544969

この記事へのトラックバック一覧です: 絶品!チャンバラ貝の塩ゆでって知っちゅう?:

« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第31回春の集い〉開催! | トップページ | 土佐の初夏の定番!そら豆の丸焼きって知っちゅう? »