« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第25回・秋の集い〉開催! | トップページ | 高栄養価でヘルシーで美味しい!「土佐鹿の味噌漬け」って知っちゅう? »

2012年10月29日 (月)

「柿の生ハム巻き」が日本酒に最高やって知っちゅう?

 今年はいつまでも暖かくて秋らしくならず、二十四節気の「霜降(そうこう)」(2_5今年は10月23日)を過ぎても、暑い日があったり寒い日があったりと、気候がハッキリしない日が続いています。

 皆さん、こんにちは。そうは言っても日に日に着実に秋らしくなっていまPhotoすので、食欲が湧いてきてワクワクしている、司牡丹総務部社員のリカコです。

 さて今回取り上げる土佐の旬の食材は、「柿にしょうか。柿と生ハムを用意しちょいてや。」との社長からの指令が。

 了解しました。柿を生ハム巻きにするんですね?

 これまでも、「新高梨の生ハム巻き」や「ビワの生ハム巻き」を紹介したことがありましたが、どちらも意外にも美味しくて、酒の肴としてもバッチリでしたので、今回も楽しみです!

 生ハムで巻くだけと、お料理が簡単なのも嬉しいですよね!

 さて早速、柿について調べてみました。

 まずビックリしたのがフランスでの柿の呼び名。

 「ル・カキ」というそうで、柿は日本特産なのでこう呼ばれるそうです。

 学名にも「KAKI」と付けられているそう。

 また、「柿が赤くなれば医者が青くなる」という言葉があるくらい、柿は栄養価が高い果物だそうです。

 ビタミンCの含有量は果物の中でもトップクラスで、ミカンの約2倍もあり、柿を1個食べるだけで1日のビタミンCの必要量をほぼまかなえるほどなのだとか!

 他にもビタミンB1、カロチン、カリウム、食物繊維なども豊富に含んでいます。

2_2
 また、柿の渋味成分のシブオール(タンニン)とビタミンCが血液中のアルコール分を外に排出してくれる働きや、腎機能低下を防止する働きもあるという、お酒好きの方には何とも嬉しい効用もあるのだとか!

 また、酵素(カタラーゼ、ペルオキシダーゼ)がアルコールの分解を促すため、血中アルコール濃度の上昇も防ぐそうですから、二日酔いにはもってこいの効果もあるそうです。

 これって、酒の肴としては最高ってことじゃないですかっっ!

 また、たっぷりのビタミンCは、お肌にも最高ですし、風邪の予防にもなり、疲労回復にもつながりますから、寒くなってくる季節の変わり目にもピッタリというわけです。

 ガン予防や老化防止の効果も期待されるようです。

 さらにカリウムは、ナトリウム(塩分)を排出する働きがあって、高血圧予防に効果があるとのこと。

 柿ってスゴイじゃないですかっ!!

 これは今年の秋から、柿をたくさん食べるようにしなければ!

 さて、そんな柿の種類ですが、大きく分けると甘柿と渋柿があり、中には不完全甘柿なんていうものもあるようです。

 甘柿の代表は富有柿で、甘柿生産量の約80%近くを占めるそう。

 もう1つの代表が次郎柿で、「富有はあごで食べ、次郎は歯で食べ、たねなしは舌で食べる」と言われる通り、富有柿は果肉がやわらかく、次郎柿は硬めで、たねなしはネットリした食感があるそうです。

 私は個人的には、次郎柿の上品な風味とコリコリした食感が好きですから、今回は次郎柿を準備させていただきました!

 こんな感じでいかがでしょうか、社長?

 「なかなかよう調べたのう、リカコさん。

 ちくと追Photo_2加情報としちゃあ、甘柿はある程度の気温が必要やき、主に関東よりか西の地域で生産されゆうっちゅう点ながよ。

 和歌山、奈良、福岡らあが生産量が多うて、高知県は生産量ランキングにゃあ出てこんがやけんど、まとまってやのうてアチコチでチビッとずつ栽培されゆうきに、一般市場にあんまり流通されんきながやき。

 実は柿の栽培面積としちゃあ、高知県も結構広いらしいがぜよ。

 さあ、ほいたら早速、柿の生ハム巻きを作ってもらおPhoto_3うか。」

 はい、了解です。

 まずは次20121029郎柿を適当な大きさに切って・・・と。

 あとは生ハムをクルリと巻くだけで・・・早くも完成しましたぁ!

 ワクワク。色目もキレイで、美味しそう!Photo_4

 お酒は何を合わせますか、社長?

 「そりゃあ当然、秋しか飲めん『司牡丹・生鮮酒〈秋〉ひやおろし』(純米生詰酒)やろう。

 新春に搾ら2_3れた生酒を、いっぺんだっけ加熱殺菌して酒蔵内にて貯蔵熟成。

 

 夏を越して秋風が吹く頃、旨みたっぷりの味わいに熟成したお酒を、そのまんま加熱殺菌せんと瓶詰めしたがが『ひやおろし』ながよ。

 昔っからツウの間じゃあ、最も美味しい日本酒として珍3重されてきた、旨みの乗った美味しさが特徴ながやき。」

 あぁ、もう待ちきれません!早速、柿の生ハム巻きと「ひやおろし」を、いっただっ

20121029_2

きま~す!

 パクリ。モグモグ・・・。

 あ、これ、イケるぅ~っ!!

 柿の上品な甘みとコリコリした食201210292感に、生ハムの塩分が加わって、ちゃんとした酒の肴になっています!

 続いて「ひやおろし」をキュッと・・・。

 ・・・お・い・し~いっ!

 うまく表現できませんが、なんだかお酒も柿の生ハム巻きも、お互いの味わいがやわらかくやさしくなるような感じです。

 「まっことその通りじゃ、リカコさん!

 次郎柿の上品な柿らしい風味とコリッとした歯ごたえに、生ハムのやわらかな歯ごたえと塩辛さと旨みが加わり、極上の酒の肴になっちゅうがやき。

 そこに『ひPhoto_5やおろし』を合わせりゃあ、この酒のリッチな旨みがさらに後口に加わり、柿の生ハム巻きの美味しさをさらにワンランクアップさいてくれるようながよ。

 また、柿の成分のお陰やろうか、このお酒のアルコール分も、グッとやさしゅう感じさいてくれるがやき。

 こりゃ交互にやりゃあ、ナンボやちイケるがよ!

 柿の効能もあることやし、こりゃあこの季節、最高の出会い物、至高の合い口の酒と肴と言うたちえいろう!」

 社長!おっしゃるとおり!

 こんなに簡単にできるお料理(?)が、これほど美味しくて、これほど「ひや2_4おろし」とバッチリで、しかも栄養満点で、さらにお酒のアルコール分も排出してくれ、二日酔いも予防してくれるだなんて、まるで夢のような「秋のゴールデンコンビ」、「秋の最強タッグ」と言えるんじゃないでしょうか。

 是非、是非!皆さんも一度お試しください。

 ああ麗しき、土佐の錦秋!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        司牡丹酒造株式会社

|

« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第25回・秋の集い〉開催! | トップページ | 高栄養価でヘルシーで美味しい!「土佐鹿の味噌漬け」って知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/55997543

この記事へのトラックバック一覧です: 「柿の生ハム巻き」が日本酒に最高やって知っちゅう?:

« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第25回・秋の集い〉開催! | トップページ | 高栄養価でヘルシーで美味しい!「土佐鹿の味噌漬け」って知っちゅう? »