« ホタテより濃厚!長太郎貝って知っちゅう? | トップページ | 土佐のラッキョウは日本一出荷が早いって知っちゅう? »

2011年4月28日 (木)

高知のブランドトマト詰め合わせ「トマトサミット」って知っちゅう?

 4月も末3_2となり間もなくゴールデン・ウィーク、夏も近づく八十八夜。 

皆さん、こんにちは。

 急に暖かくなって、上着類のクリーニングでバタバタしている、司牡丹総務部社員のリカコです。

 さて今回取り上げる土佐の旬の食材は、『ちくと旬としちゃあ遅うなってしもうたけんど、「高知トマトサミット」にしょうか。』との社長からの指令が。

 高知トマトサミット??なんですか、それ?

 「トマト王国高知のブランドトマトを12種類も詰め合わせにしたセット商品よえ!

 このセット商品に関わっちゅうファームベジコ(http://vegeco.jp/)の長崎さんに、1セット注文しPhotoちゅうきに、届いたらよろしゅう頼むぜよ。」

 はい、了解しました。

 では、今回はトマトについて少しだけ調べましたので、まずはそちらをチョコッと。

 トマトは、「トマトが赤くなれば医者が青くなる」と言われる通り、とても栄養価の高い健康野菜です。

 ビタミンA、B1、Cをたくさん含み、さらにカリウムも多Photo_2く、カルシウムや塩分のとり過ぎも防ぎ、高血圧も予防してくれるのだとか。

 さらに最近話題のリコピンも豊富で、これは抗酸化物質ですので、人間の体に悪影響をもたらす活性酸素を退治してくれる働きがあり、ガン予防にもなると言われているんですって!

 そんなトマトのしかもブランド品が、高知にはたくさん存在しているというんですから、これはホント幸せなことですよね。

 さて、早速「高知トマトサミット」が届きました!

 箱のデザインも素敵だし、売上の一部を東日本大震災の義援金に回しているとのことですので、素晴らしいですよね。

 箱を開けてみると・・・わぁ!キレイ!カワイイ!

 見てください、この美しいトマトの赤い色!

 微Photo_3妙にひとつひとつの色やツヤが違っているのもいい感じで、とても食欲をソソリますよね!

 同封されてる小さなパンフレットもトマト型でカワイイし、配置図もどれがどのトマトかすぐに分かって親切です。Photo_4

 では、セット内容の12種類の高知のブランドトマトを、ご紹介しておきましょう。

 「サントマト」(ファーム輝)

「フルーツトマト」(株式会社堀 おかざき農園)

「清流トマト」(有限会社農友園)

「シュガートマト」(園芸連)

「桃太郎」(野村妙子)

「夜須フルーツトマト」(園芸連)

「まほろばトマト」(園芸連)

「徳谷トマト7番」(元木青果)

「フルティカ」(峯本農園)

「ハッピートマト」(ハッピーファーム有限会社)

「一良(いちよし)トマト」(Photo_5前田良一)

「アイコ・イエローアイコ」(四万十ファーム)

 ああ・・・どれも美味しそう!

 ちなみにこの中の「徳谷トマト」といえば、高知県のブラ6ンドトマトの最高峰に君臨しているトマトで、さらにその中の生産者番号7番といえば、もはや高知でも特に入手困難な幻のブランドトマトなのだそう!

 小さなこの1個がピーク時に都会などでは、500円とか700円とかで販売されるという超高級品!

 そんな凄いトマトが入って、これでセット価格3000円は、とってもお得で6_2すよね。

  で、これをどうやってお酒のツマミにするんですか、社長?

 ・・・え?そのまま切って、塩で?

 ・・・そりゃまあ料理としては簡単でいいんですけど、それで

Photo_6

日本酒に合うんでしょうか???

 ちなみに今回この「トマトサミット」に合わせる旬の日本酒は、「船中八策・零下生酒」(超辛口・純米生酒)です。

 明治新政府のあり方について、坂本龍馬さんが船中にて考え出した策に由来する、司牡丹のダントツ人気ナンバーワン商品「船中八策」の夏限定生酒バージョン!

 口中で軽快な旨みが心地好いほどなめらかに膨らみ、後口は爽やかにスパッとキレる、抜群のキレの良さがウリです。

 毎年4月中旬Photo_7から発売され、夏本番前の6月には早々に完売してしまうという大人気商品ですので、ご希望の方はお早めにどうぞ!

 (http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=548)

 では早速、12種類のトマトの食べ比べ、及び日本酒との相性比べ、行きますかっ!

 まずは「サントマト」(ファーム輝)。

 ・・・わあ、甘っ!酸味もシッカリ!ちょっと硬めかな?

 「船中・零下生酒」を一口・・・。

 ・・・あ、イケます!これ、お酒に合いますよっ!意外!

 では早速次のトマト、「フルーツトマト」(株式会社堀 おかざき農園)。

 ・・・わあPhoto_9!スゴイ!さっきのと味が違います!

 でも・・・どこがどう違うと言われると、ちょっと・・・。

 ふぇ~~ん、シャチョー!もう自信がありません、助けてください~~っ!!

 『わかった、わかったき、もう泣きなや、リカコさん!

Photo_10

 

けんど、さっきの「サントマト」のコメントはバッチリやと思うぜよ。

 甘味も酸味もしっかりあって、濃いめの味わいは、旨み成分も豊富やき、この酒の旨みと見事に融合する感じながやき。

 次の「フルーツトマト」(株式会社堀 おかざき農園)は、優しい甘味と酸味の爽やか中味系。

 このお酒と合わせりゃあ、一層爽やかさが引き立つがよ。

 

2011428

 3つめの「清流トマト」(有限会社農友園)スッキリ系で、昔懐かしいトマトの味わいっちゅう感じながやき。

 このお酒と合わせりゃあ、さらにトマトらしさが引き立つがよ。

 お次の「シュガートマト」(園芸連)は、爽やか中味系やけんど、後口の余韻の長さがシッカリした旨みの存在を伝えてくれるがやき。

 その旨みの余韻を、この酒がスパッと切ってくれて、爽Photo_11やかな印象ながよ。

 続いてはデッカイ「桃太郎」(野村妙子)!

 デッカイ割にゃあ、大味やのうて、爽やか中味系で、甘味と酸味がハッキリしちょって、こぢゃんとジューシーな後口が印象的。

 この酒と合わせりゃあ、ジューシーさが一層際立つがやき。

 

Photo_12

お次は「夜須フルーツトマト」(園芸連)で、こちらも爽やか中味系。

 ちくと硬めやけんど、しっかり甘味と酸味を凝縮さいちゅう感じながよ。

 この酒と合わせりゃあ、その凝縮された味わいが口中で解き放たれる感じながやき。

 続いては「まほろばトマト」(園芸連)。

 こちらは甘味と酸味がしっかりした濃い系で、後口の長い旨みの余韻が独特の風味ながよ。

 そこにこの酒を合わせりゃあ、一瞬さらに旨みを口中で膨らまいて、後口は心地好う切ってくれるがやき。

 お次は、「徳谷トマト7番」。

 硬めやけんど、甘味と酸味がバランス良うにシッカリあって、濃い系の味わいやに、後口の余韻の爽やかさが印象的ながよ。

 さすがは「徳谷7番」っちゅう味わいで、この酒と合わせりゃあ、一層

2

バランス良う旨みが膨らんで、後口はサラリと切れていくがぜよ。

 続いての「フルティカ」(峯本農園)は、スッキリ系。

 旨みは少ないながら、昔ながらのトマトらしさもありもって、食べやすいがやき。

 この酒と合わせりゃあ、一層スッキリながよ。

 お次は「ハッピートマト」(ハッピーファーム有限会社)。

 こちらもスッキリ系で、クセがのうて食べやすいタイプ。

 この酒と合わせりゃあ、昔ながらのトマトらしい風味が口中で膨らんで、後口はスッキリながやき。

 

3

続いては「一良トマト」(前田良一)。

 こちらは爽やか中味系で、やや硬めながら、甘味と酸味がバランス良うにまとまっちゅうがよ。

 旨みもシッカリあるき、この酒の旨みと互いに引き立て合うて、キチンと酒の肴しちゅうがやき。

 ラストは「アイコ・イエローアイコ」(四万十ファーム)。

 ちんまい割にゃあ、ちゃんとフルーツトマトらしい味わいを持つスッキリ系ながよ。

 この酒と合わせりゃあ、後口がスッキリ爽やかながやき。

 ・・・おおの、シンドイ!まっこと美味しゅうて面白かったけんど、こりゃかなり疲れたぜよ!』

 社長、スゴイ!ホントお疲れさまですっ!

 社長のコメントをまとめると、12種類のうち濃い系が3つ、爽やか中味系が5つ、スッキリ系が4つということですね。

 「そういう言い方をしたら誤解をまねくかもしれんのう、リカコさん。

 ワシのコメントは、あくまでこのワシが買うたセットの中に入っちょった個体のトマトの味わいやきに、その点はご了承くださいや。」

 そうですよね、失礼いたしました。

 1個だけ食べて、その農園のトマトを全部判断されたら、農家の方も困りますものね。

 それにしても、高知のブランドトマトに、これほどの味わいの違いがあるとは、今の今まで気づきませんでした。

 これって、モノスゴーく豊かなことだと思いませんか?

 ちなみにこの「トマトサミット」のセットは、もう今年の分はこの4月末で旬の名残りも終了してしまいましたので、ご希望の方は来年の3月くらいまでお待ちください。

 2月末から3月くらいが、ほとんどの高知のブランドトマトの旬のピークだそうですから。

 ずいぶんと先の話ですが、それくらい待つだけの価値は充分あると思いますよ。

 

 ああ麗しき、土佐の陽春!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

 土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        司牡丹酒造株式会社

 

 

 

|

« ホタテより濃厚!長太郎貝って知っちゅう? | トップページ | 土佐のラッキョウは日本一出荷が早いって知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/51515155

この記事へのトラックバック一覧です: 高知のブランドトマト詰め合わせ「トマトサミット」って知っちゅう?:

» 今だからこその日本酒か! [のんびりまったりおばばな毎日]
いやぁフィギュアの世界一に安藤選手 すごい良かった、いや素敵だった。 実は私は本番に弱い選手だなあとちょっと嫌いだった。 でも今回、被災した方を、そして日本を想って滑ったと そのことが彼女に日の丸を背負う覚悟を 感じさせるような強く、美しい笑顔だった フィギ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 10時46分

« ホタテより濃厚!長太郎貝って知っちゅう? | トップページ | 土佐のラッキョウは日本一出荷が早いって知っちゅう? »