« 簡単!おいしい!煎り零余子って知っちゅう? | トップページ | 古漬けたくあんの唐辛子煮って知っちゅう? »

2010年12月26日 (日)

旬どき・うまいもの自慢会・土佐<第18回冬の集い>開催!

 500dsc09538チキンやケーキが思う存分食べられるっ! の楽しいクリスマスもあっという間に過ぎ去り、平成22年はあと1週間を切ってしまいましたねぇ。

 皆さんこんにちは。

 昨日は司牡丹の酒蔵がある高知県佐川町に雪がちらつきました。クリスマスに雪なんて、なんてロマンチック…、なんて思いながら会社のデスクでパソコンのキーボードをポチポチ叩いていた、司牡丹総務部社員のリカコです。

 さて、今回は先日12月22日(土)の「冬至」の日に開催されました、「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第18回冬の集い〉の模様をお伝えいたします。

 やっぱり今年もワタクシは参加できない冬の集い・・・毎年のことなのでもう慣れっこ! といいたいところですが、社長のレポートを読むと深~い溜息です。

 今回の会場もワタクシ、一度行ってみたいと思っていた素敵なフレンチレストラン。では社長、美味しい冬の旬のレポートをいつもの調子でお願いします!

 リカコさん、今年の冬の集いも皆さん大満足の絶品揃いやったぜよ! ほいたら早速、今回のワシのリポートをご覧くださいや。

 12月22日(水)の冬至の日は、高知パレスホテル(http://www.kochipalace.co.jp/)さんの本館2階「ラ・プランセス」にて、「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第18回冬の集い〉を開催したがぜよ。500dsc09463

 この会は、土佐の春夏秋冬、山川海の旬のうまいもんと、旬の司牡丹を合わせて楽しむっちゅう内容で、年4回開催しゆう会ながよ。

 さて今回の冬の集いのメイン食材は、南国市浜改田・嶋崎博子さん(http://www.tosajiro.jp/index.html)の、自然飼いの絶品地鶏「土佐ジロー」ながよ!

 ちくと硬めやけんど鶏肉の中では群を抜く美味しさの「土佐ジロー」を、実力派シェフの田中秀典総料理長さんがどう調理されるか、ワシもまっこと楽しみながやき。

 さて、ワシゃあ17時ばあに会場に到着したがやけんど、グラスらあもキチッと並んで、既に準備万端やったがよ。

 パレスホテルさんのソムリエの吉村さんと、ちくと打ち合わせ。

 18時ばあからお客様もぼちぼちご来場され、いっつも新鮮野菜を提供していただきよって今回司会もお願いしちゅうファームベジコ(http://vegeco.jp/)の長崎さんもご来場されたがやき。

 今回お料理に使われる野菜らあのそのまんまの姿もご覧いただきたいっちゅうことで、ちくとディスプレーとしても展示していただいたがよ。

 さあ、今回はワシらあも含めて37名での宴席ながやき。

 予定スタート時間の18時半にゃあ、ほぼ皆さんお集まりいただき、長崎さんの司会で開会ながよ。

 まずは、ワシからのご挨拶。

500dsc09468
 続いては、田中総料理長さんのお料理の解説ながやき。

 そん次は、嶋崎博子さんの土佐ジローの解説。

 ほんでそのまんま、嶋崎さんのご発声で、「司牡丹・土佐宇宙酒・宇宙龍」で乾杯して、宴席スタートながよ。

 ちなみに長崎さんと嶋崎さんは、高校時代に二人ともバスケ部やって、長崎さんの1年後輩が嶋崎さんやったっちゅうことが判明し、二人で大盛り上がり!

 まっこと土佐の高知は狭いがぜよ。

 その二人が、野菜の解説と土佐

500dsc09479_2

ジローの解説を、たっぷり披露してくださったがやき。

 さてほいたら、この日の絶品メニューをご紹介しましょうかのう!

★乾杯酒:「司牡丹・土佐宇宙酒・宇宙龍」(純米吟醸酒)

 この酒で乾杯すりゃあ夢が叶うっちゅう宇宙酒は、こぢゃんと香りが華やかで、壮大な夢が膨らむがぜよ。

 

 

  ★「龍馬からの伝言・日本を今一度せんたくいたし申候」(超辛口・純米500dsc09482酒)

 ●土佐ジローのレバーペースト&深層水で育てたエノキ茸のサラダ

 500dsc09476土佐ジローのレバーペーストは、まるでフォアグラかと思うばあ美味いこと美味いこと!

 「日本を今一度~」がそのレバーの濃厚な風味を一瞬膨らまいてサラリと切ってくれるもんやき、交互にやると止まらんなるがよ。

 長崎さんの野菜のコールラビやルッコラやエノキ茸らあも、爽やかさを見事に加えてくれちゅうがやき。

 

  ★「司牡丹・生鮮酒〈冬〉あらばしり」(本醸造生原500dsc09481酒)

 ●脂がのった本鮪の塩タタキ 土佐ジロー温泉卵のヴィネグレットソース

500dsc09495

 土佐冲獲れの本マグロの幼魚(ヨコ)をタタキにしたがやけんど、これがトロットロに脂がのっちょって、まっこと絶品!

 そこに長崎さんの紫カブのマリネが清涼感を加え、嶋崎さんの土佐ジローのヴィネグレットソースが深みを加えてくれ、絶妙なハーモニー!

 そこにさらに、「司牡丹・あらばしり」のフレッシュな香りと爽やかな酸味とリッチな味わいが加わりゃあ、もはや無敵のハーモニーになるがぜよ!

 

 

 ★「深尾(ふかお)」(斗瓶囲い・純米大吟醸原酒)

 ●土佐ジローの酢煮の緑酢かけ500dsc09503

 500dsc09521まずはまあ見てちや、このお料理の美しい色合いを!

 見事なクリスマスカラーになっちゅうがやき。

 150日肥育の土佐ジロー雄のモモ肉を揚げて甘酢で煮たもんを、いまが旬の弘岡カブの上に乗せて、キュウリのすりおろしを使うた緑酢をかけたもんながよ。

 ちくと硬めのこの土佐ジローが、噛みゃあ噛むばあ旨みが沁み出してきて、「あぁこれぞ地鶏!」っちゅう美味しさ!

 このお料理に、司牡丹最高ランクの大吟醸「深尾」を合わせりゃあ、様々な味わいの構成成分が融合されて、そりゃまるで心の中に大輪の花が咲き誇るようながぜよ!

 

  ★「司牡丹・本醸造樽酒」(本醸造樽酒)

 ●加賀産蓮根のかぶら蒸し風 フォアグラのポワレ添え トリュフソース500dsc09527

 司牡丹の樽酒を常温でワイングラスで、フォアグラとトリュフのお料理に500dsc09531合わせるっちゅうんは、もはやワシの中じゃあかつての友和&百恵(古っ!)をも凌ぐゴールデンコンビながやき!

 

 樽酒の木の風味とトリュフの木の風味が見事に融合して、フォアグラやお酒やその他の旨みらあをナチュラルに包み込んで、美味しさを何杯にも高めてくれるがよ!

 

 

 

  ★「司牡丹・山柚子搾り・ゆずの酒」(リキュール)

 ●柚子と生姜のシャーベット タイム風味500dsc09535

 ここでちっくとお口直しのシャーベット。

 甘みを控えめにした柚子のグラニテのシャーベットに、生姜のシャーベットがかかっちゅうがやき。

 口ん中がいったんリセットされる鮮烈な味わいながよ。

 「司牡丹・山柚子搾り」を合わせりゃあ、柚子の風味が相乗効果で倍増するがやき。

 

 

   ★「船中八策しぼりたて」(超辛口・純米生原酒)

 500dsc09568●土佐ジロー440日間肥育雌に司牡丹酒米(500dsc09538_2山田錦)を詰めたあったかやわらか煮(鶏肉)

 さあいよいよメインディッシュ!

 まずは440日肥育の雌の土佐ジローの丸ごとの中に、司牡丹の酒米や栗やギンナン、干し椎茸や雑穀らあを詰めて煮込んだもんが、ドーンと顔見せ!

 こりゃまっこと美味そうで、楽しみながよ。

 お客様も皆さん、こぢゃんとワクワクして、楽しみに待ちゆうっちゅう感じながやき。

 500dsc09545

 ほんでまずは、その土佐ジローの肉の部分だっけを切り分け、柚子味噌をかけたお料理が登場!

 この凝縮された旨みの固まりみたいなお料理の全てのポテンシャルを、「船中しぼりたて」のドッシリと骨太な味わいが、引っ張り出して解き放ってくれるようながぜよ!

 

 ★「山廃純米かまわぬ」(山廃仕込み純米酒)

●土佐ジロー440日間肥育雌に司牡丹酒米(山田錦)を詰めたあったかやわらか煮(雑炊)

 500dsc09550お次は、土佐ジローの中に入っちょった山田錦や雑穀らあの部分とスープで雑炊風にしたお料理ながよ。

 こりゃあまっことあらゆる味わいという味わいの全てが溶け込んだかっちゅうばあの、絶妙な美味しさ!

 ここに「山廃純米かまわぬ」のベストな温度のぬる燗が来りゃあ、そりゃもう日本人としちゃあ言うこと無しの幸福ながぜよ!

 

 ●デザート:紫大根のコンポートとイタリアンパセリのスー500dsc09583

 デザートは、紫大根やパセリを使うっちゅうことで、いったいどんな味わいながか見当もつかざったがやき。

 ほいたら出てきたもんは、まずは見た目も、見事に美しいデザートやいか!

 味わいも全体に、いわゆるニッキ風の風味でまとめ上げられちょって、立派な大人のデザートに仕上がっちょったがよ。

 こうして気がつきゃあ、既に時間は21時20分!

 まっことアッちゅう間の約3時間やったがやき。

 中締めは、今回お客様としてご参加いただいた、高知パレスホテルさんの吉村社長さんにお願いし、夢のようなひと時がお開きとなったがよ。

 お帰りの際の皆様のニコニコ満面の笑顔が眩しゅうて、まっことこの瞬間の悦びのためにワシらあは存在しちゅうっちゅう感じながやき!

 ご参加いただきました皆様、そして高知パレスホテルの皆様、嶋崎さん、長崎さん、まっことありがとうございました!

 社長、ありがとうございました! あ~、土佐ジロー、ジロージロー、食べたかったですぅ。お酒のラインナップも最強じゃないですか! 本当にいつも貴重な体験ができますよね。旬どきうまいもの自慢会って。

 今年も振り返れば、高知の旬を充分堪能することができました。来年はどんな旬の味覚に出会えることでしょう。

 

 では最後に、冬の集いにご参加いただいた皆様からのアンケートの中から、悦びの声の一部を、以下にご紹介さいていただきますね。

●一口に日本酒と言えど、様々な味があり、人生の様な深みを感じられる事は、本当に幸せなことです。

●毎回楽しませてくださり、ありがとう。土佐ジローバンザイ!

●ワイングラスで日本酒を飲むのは新鮮!おいしい!親しみやすい!知らないお酒の味を知りました。

●最高の一夜でした!!2010バンザイ!!

●いつもながら美味い料理と美味しいお酒のコラボの波がおしよせ、感激の思いにひたり続けています。これからも是非参加し続けたいと思いますので、よろしくお願いします。

●いつも楽しみにしています。「次は何だろう!?」と、ワクワクします。今日は、素材も◎ですが、クリスマスカラーとか工夫されてて、うれしかったです♪

ああ麗しき、土佐の年の瀬!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

皆様どうぞ良いお年を…。

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        司牡丹酒造株式会社 

|

« 簡単!おいしい!煎り零余子って知っちゅう? | トップページ | 古漬けたくあんの唐辛子煮って知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/50402306

この記事へのトラックバック一覧です: 旬どき・うまいもの自慢会・土佐<第18回冬の集い>開催!:

« 簡単!おいしい!煎り零余子って知っちゅう? | トップページ | 古漬けたくあんの唐辛子煮って知っちゅう? »