« 高知の特産野菜オクラは夏バテ防止にえいって知っちゅう? | トップページ | 鹿肉はこぢゃんと栄養豊富で低カロリーやって知っちゅう? »

2009年9月30日 (水)

旬どきうまいもの自慢会・土佐<第13回・秋のスペシャル会>開催!

   “暑さ寒さも彼岸まで…”、なのに高知は残暑厳しい日が続いていますが、早くも食欲の秋を実行している司牡丹・総務部社員のリカコです。

 先日9月19日(土)長い連休シルバーウィークの初日、秋の幕開けにふさわしい、それはそれはスペシャルな宴が開催されました。

 『旬どきうまいもの自慢会・土佐』の<第13回・秋のスペシャル会>として、その名も「ラ・ボンバンス&司牡丹・土佐の秋の至福の2009919_167_edited5宴in濱長」!!

 これはもう、二度と体験することができないような、素晴らしいコラボレーションが実現した宴なのです。

 何といっても、あの西麻布の名店、日本料理「ラ・ボンバンス」(http://www.bombance.com/)の岡元料理長をはじめとする8人の料理人が、東京から高知まで来て土佐の旬の食材を使ってフルコース料理を作ってくださるというのですから!

 ちなみに「ラ・ボンバンス」さんは、常に2ヶ月先まで予約でいっぱいの、いま最も予約のとれない大人気店で、「ミシュランガイド東京」でも2年連続で1ツ星を獲得されているのです。

 それほどの名店「ラ・ボンバンス」岡元料理長とウチの社長との出会いは、4年前の平成17年。

 懇意にしていただいているきき酒師のココマリさんのご紹介で、「ラ・ボンバンス」で初めての日本酒の会を開催したのでした。

 この時社長は、「これっぱあ日本酒とビッタリ合う料理は他に食べたことがない!」と大感動!

 岡元料理長も、旬の料理コース1品1品にワイングラスで旬の日本酒を合わせて楽しむというスタイルに大感激してくださったそうです。

 以来、西麻布の『ラ・ボンバンス』でときどき、ぷち司牡丹の会を開催していただくようになりました。

 そして、かねてより高知に行って司牡丹の会をしたいという想いを持っておられた岡元料理長が、わざわざスタッフの皆さんと高知まで来られ、この奇跡の会が実現というわけなのです!

 ミシュランお墨付きの名店「ラ・ボンバンス」さんのイベントまでの綿密な準備はさすがなもので、まず高知まで日帰りの打ち合わせを2回、さらにレシピの深化と日本酒との相性を確かめるための会を1回開催し、その上で8人のスタッフで前日の昼から仕込みを開始して、当日も朝から準備されたとのことで、本当に頭が下がります。2009919_220

 さらに土佐の料亭・濱長(http://www.k-hamacho.com/)さんでは、調理スタッフの方々をお手伝いに出していただいた上に、2階回廊の吹き抜けをふさいで見事なキッチンスタジアムとして演出してくださいました。その周囲を囲むように客席を配置すれば、プロのパフォーマンスを生で見ながら味わうことができるのです!

 さて、当日の17時半、いよいよ受付開始でお客様がぞくぞくご来場。
御席に着かれたお客様には、ウエルカムドリンクの「司牡丹・山柚子搾り・ゆずの酒」(リキュール)をサービスいたしました。ワタクシ個人的にこの「山柚子搾り」が爽やかな飲み口で大好きでございます。

 ちなみに今2009919_187回の旬どき、2万円という、高知ではそうそうない高額な会費にもかかわらず、募集を上回る66名様にお集まりいただきました。それに東京からわざわざ交通費・宿泊費をかけてご参加いただいた方々が10名も! 「ラ・ボンバンス」さんの確かな人気の高さがうかがえます。

 ワタクシはというと、社長と仲良く(?)お料理を半分ずつ、立ったままいただきました。今回はお口に入らないと覚悟しておりましたので、これで十分満足でございます。

 18時少し過ぎていよいよスタートです。まずは社長のご挨拶。

 2009919_105 続いては岡元料理長のご挨拶とお料理の説明をしていただいたのですが、感極まって涙ぐみ言葉に詰まられてこちらももらい泣きしそうになりました。

 続いては恒例、スターウォーズのBGMとともに「宇宙酒」が入場し、安藤副市長さんのご発声で乾杯して、さあ待ちに待った宴席のスタートです!

 実はワタクシ、子供のころから食事に行くとカウンター席などが大好きでした。本日の旬どきも本当はかぶりつきで芸術的な料理人の動きを見たかったぐらい! ときどき近寄ってこの目で確かめてまいりました。では、これからは社長にお料理とお酒の組み合わせの解説をお願いします! 画像と合わせて目でとくと味わってくださいね!

★乾杯酒:「司牡丹・土佐宇宙酒・宇宙龍」(純米吟醸酒)2009919_317_2

●「仁淀川町産ブラウンマッシュルームのスープと百合根の茶碗蒸し 長太郎貝のムニエル 黒胡椒 浅月」

 ブラウンマッシュルームの旨みと長太郎貝の旨みを見事に凝縮した美味しさが、まさに胃ん中に沁み渡り、「宇宙龍」の爽やかな旨みが加わって、グッと膨らみを増すがぜよ。

★「司牡2009919_322丹・本醸造ひやおろし」(本醸造生詰酒)

●「高知産トマトのジュレとアボガドムース カレー風味」

透明なトマトのジュレの爽やかな酸味に、ほのかなカレーの風味が絶妙にマッチ!「本醸造ひやおろし」のやわらかな酸味と旨みがバッチリで、さらに美味しさを倍増さいてくれるがやき!

★「司牡丹・生鮮酒〈秋〉ひやおろし純米酒」(純米生詰酒)2009919_341

●「焼き松茸 ホウレン草 とんぶり 菊花二色和え」
「生湯葉 生ウニ ベッ甲餡 山葵」
「しらす入りチーズパン ピンチョス」
「胡麻豆腐 海老四万十海苔和え 銀杏」
「イベリコ生ハムと高知産ピオーネ巻き」

五品のお料理それぞれにちんまい驚きがあって、見事に美味しいがやき。「ひやおろし純米酒」をいただきゃあ、お料理とお酒が互いの美味しさを引き立て合うて、まっこと止まらんなるがやき!

★「司牡丹・本醸造樽酒」(本醸造樽酒)

●「フォアグラ2009919_367ソテー 高知産長茄子柔か煮 秋トリュフソース」

フォアグラ独特の旨みとトリュフの木の風味が、見事に樽酒の風味とマリアージュ!「日本酒の樽酒がこれっぱあ美味しゅうて、フォアグラやトリュフと合うらあて!」と、皆さん大絶賛やったがよ!

★「龍馬からの伝言・日本を今一度せんたくいたし申2009919_383候」(超辛口・純米酒)

●「〆鯖棒寿し 炙り金目寿し 秋刀魚焼きおにぎり」

●「酒盗のジュース」

〆鯖も炙り金目も秋刀魚も、秋ならではの旨みがタップリで、「龍馬からの伝言」の旨みと、見事にマッチング!「ラ・ボンバンス」お得意の「酒盗のジュース」にゃあ、高知県人もビックリながよ!

★「船中八策ひやおろし」(超辛口・特別純米生詰原酒)

●「ハチキン地鶏2009919_428 万願寺塩焼 ジャガコンフィー ディジョンマスタード」

 「船中ひやおろし」のガツンとくる骨太の旨みが、ハチキン地鶏の旨みとまっことバッチリ!あぁ、幸せの旨みの競演ながよ!

★「かまわぬ」(永田農法・山廃仕込純米酒)

2009919_431_edited1●「高知産鯛鍋 豆腐 水菜 焼き葱 蓮根 白玉唐墨 ブシュカン」

 豊かなおダシの香りが幸せ感を倍増さいてくれる小鍋が、ワシがお燗番してベストなぬる燗につけた「かまわぬ」と絶妙に調和!あぁ、日本人に生まれて良かったとつくづく思えるばあの幸せの美味しさながぜよ!

 この頃になると、宴席の盛り上がりも最高潮! お燗酒も注文が後を絶たず、お燗番の社長もお運びの濱長さんのスタッフの方々も、大忙しでした。ではまだまだ続く、スペシャルメニュー! 社長、続きをお願いいたします!

★「司牡丹・大吟醸・黒金屋」(大吟醸原酒2009919_466)

●「野菜料理 てっぺんトマトとバジル モロッコインゲン柚子マヨ オクラナムル 小芋せんべい 空心菜 水茄子味噌(司牡丹秘蔵味噌)」

  まずは「黒金屋」のフルーティな芳香に皆さんビックリ!これがまた、シンプルな野菜料理とバッチリ良う合うがやき!長崎さんのバジルの芳香にも、司牡丹秘蔵味噌の旨みにも、皆さん大感激やったがぜよ!

★「司牡2009919_491丹・永田農法純米酒」(永田農法・純米酒)

●「仁淀川の鮎そうめん 茗荷 大葉」

  仁淀川の鮎の旨みが、「永田農法純米酒」の生命力あふれる旨みと見事な相性で、こりゃイケるぜよ!

★「源十」(純米大吟2009919_539醸原酒・秘蔵10年以上長期熟成大古酒)

●「白いコーヒーブランマンジェ 黒胡麻シャーベット キラポテトの芋生キャラメル」

 「ラ・ボンバンス」のデザートの定番2品は、コーヒーの風味と黒胡麻の風味がこぢ ゃんと豊かで絶品で、これらあの風味が、意外にも「源十」の古酒の風味とバッチリとマリアージュするがよ!皆さんからも、「デザートに合う日本酒があるらあて!」と、驚きの声があがったがぜよ。

 社長、スイーツに関してはワタクシにもひとこと言わせてください! 真っ白なのにコーヒー風味が絶妙なクリーミーなブランマンジェ!胡麻の風味が香ばしい、真黒でシャリシャリなシャーベット! そして芋生キャラメル! 生キャラメルは数あれど、こんなに優しい甘さと芋の風味の調和が素晴らしいキャラメルは初めてです。源十のコクのある深い味わいとの組み合わせは大人だけが味わえる極上のデザートだと思います!

 夢のような時間はアッという間に過ぎ、21時40分頃には(株)丸三社長、高知の食を考える会会長、岡内さんに中締めのご挨拶をしていただきました。

 ご参加の皆さんにもご堪能いただけたようで、満面の笑みで会場を後にされました。ご参加いただきまして本当にありがとうございました!

 また、岡元料理長をはじめ「ラ・ボンバンス」スタッフの皆様、「濱長」さんの皆様、日本調理技能士会高知県支部の皆様、高知の食を考える会の皆様、野菜ソムリエの長崎さん他、様々な場面でご協力ご尽力いただきました沢山の皆様に、心から御礼申し上げます!

 皆様、冬の集いをお楽しみに…

 ああ麗しき、土佐の初秋! 旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

※写真提供:フォトグラファー・大﨑弘雅さん

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        

司牡丹酒造株式会社

|

« 高知の特産野菜オクラは夏バテ防止にえいって知っちゅう? | トップページ | 鹿肉はこぢゃんと栄養豊富で低カロリーやって知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/46354148

この記事へのトラックバック一覧です: 旬どきうまいもの自慢会・土佐<第13回・秋のスペシャル会>開催!:

« 高知の特産野菜オクラは夏バテ防止にえいって知っちゅう? | トップページ | 鹿肉はこぢゃんと栄養豊富で低カロリーやって知っちゅう? »