« 暑い夏にピッタリの「ピーマンとチリメンジャコ炒め」って知っちゅう? | トップページ | 夏バテ解消にバッチリ!「青シソのソーメン」って知っちゅう? »

2009年6月24日 (水)

「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第12回夏の集い〉・土佐近海で採れる夏の磯の味覚の王者アワビって知っちゅう?

      高知はすっかり梅雨入りしジメっとした空気が漂って、早くも夏バテしそうな司牡丹・総務部社員Dsc08350s600_2のリカコです。

  先日、そんなブルーな気持ちを吹き飛ばしてくれるようなイベントを開催してまいりました! そう! 恒例の「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」、第12回夏の集いです! 今回は6月19日(金)、夏至の日の前々日の開催でした。

 今回楽しみにしていたのは、まず会場! いま高知で一番美味しいと評判の名店中の名店「左」(高知市与力町1-9-1F TEL:088-872-5050)さんです。

 もう一つは、もちろんメイン食材! 夏の磯の味覚の王者アワビ!

  今回使用するアワビは、高知の室戸近海のアワビなんですが、いつもお目にかかれるとは限らない、至高の味わいの、まさに幻のアワビなんですう。

 実はこのアワビ、ウチの社長が「左」さんのご主人宇賀さんから教えていただいDsc08314s600た絶品なのです。社長は「左」さんのあまりにも美味しさに、以前から「旬どき」イベントの会場にお願いしたかったみたいなんですけど、カウンター席が10、お座敷が14席、計24席で満席のお店なので迷っていたそうなんです。

 でも、なんといっても高級食材のアワビがメインとなれば、開催に踏み切るしかない!というわけで募集すると、なんとあっという間に満員御礼となり、キャンセル待ちまで続出する人気ぶりでした。今回、参加できなかった皆さま、本当にごめんなさい(涙)。

 できるだけたくさんの方にご出席いただきたいので、結局お客様は27名、スタッフは4名合計31名での夏の集いのスタートです! スタッフ用に司牡丹の食堂のテーブルとイスまで持ち込ませていただきました。

 お一人も遅れられることなく、18時半ピッタリに開宴です。

 まずはウチの社長が開会の挨拶をして、ウエルカムドリンクとしてお出ししていた「土佐宇宙酒・宇宙龍」(純米吟醸酒)で、引き続き社長の音頭で乾杯を。

 ここからは、めくるめく歓喜と驚きの連続です。では、社長いつもの旬のお酒と旬のお料理のマッチングをよろしくお願いします! すごいですよぉ~。

★ 乾杯酒:「土佐宇宙酒・宇宙龍」(純米吟醸酒)

★「司牡丹・生鮮酒〈夏〉Dsc08335s600零下貯蔵生酒・純米」(純米生酒)

●マスカルポーネ青梅ソース
青梅のソースとスモモのソースが、マスカルポーネと見事に調和!さらにこの味わいが零下生酒の若々しい青い味わいにバッチリ!あぁ、最初の1品目から、美味しさにノックアウトながよ!

 

Dsc08346s600★「司牡丹・はりまや橋」(特別純米酒)

●茄子いんげん 胡麻だれ

●トマトサラダ紫蘇風味

 ここで、お伝えしなければならないのは、Dsc08323s600_2社長の同級生で、この“旬どき”では毎回お世話になっている農家で野菜ソムリエの長崎さんがまた今回もたくさんの夏野菜を提供してくださいました。その夏野菜の数々が、実は今回の隠れたメインなんです。

 長崎さんちの取れたて茄子は、「左」の宇賀さんも大絶賛! 油で素揚げしても油が汚れないくらいアクが少ない茄子は初めてなんですって!

 その茄子の素揚げとインゲンが胡麻だれと組み合 わさって、風味豊かでなんともいえず美味しいこと!

 社長によると、そこに「司牡丹・はりまや橋」の爽やかな美味しさが合わさりゃあ、一層野菜や胡麻の風味が際立って、美味しさ倍増ながよ! ですって。

 では引き続き、何種類ものトマトをいろんな形に切り分けてイタリアン風に漬け込んだ一品、トマトサラダの紹介から、社長、お願いします。

 これまた、様々なトマトの旨みと、やわらかな酸味と紫蘇の風味が、このお酒とマッチングすりゃあ、一層爽やかさが強調されて、夏の清流みたいな清々しささえ感じられる味わいになって、箸も杯も止まらんなるがぜよ!

Dsc08344s600_2  「船中八策」(超辛口・特別純米酒)

Dsc08339s600
●ジャコ味噌キュウリ

 こりゃあ飲兵衛にとっちゃあまっことタマラン、まさに王道中の王道の組み合わせながよ!

 ジャコのホロ苦さと塩分、自家製味噌のまろやかな旨み、長崎さんくのキュウリのシャキッとした食感と爽やかな青臭さが見事に融合!

 そこにさらにこの酒が加わりゃあ、一瞬口中で味わいがグッと膨らみ、後口は潔いばあスパッとキレるがよ。

 まっこと交互にやりゃあ止まらんなる、危険な組み合わせながぜよ!

★「土佐宇宙酒・宇宙のパワーで夢を叶える純米酒」(純米酒)

Dsc08343s600_2 Dsc08340s600 
●冷やしズッキーニのトマト煮

●昔トマトの岩塩

 まずは様々な野菜の旨みが凝縮したようなトマト煮が、これまた美味いこと美味いこと!

 ここに「宇宙のパワーで夢を叶える純米酒」の爽やかな旨みが加わりゃあ、ナチュラルな旨みが幾重にも折り重なって、二重奏、三重奏、四重奏・・・!

 続いては、こぢゃんとシンプルに「昔トマトの岩塩」ながよ。


 最近人気の甘いトマトやない、昔ながらの青臭さのあるナチュラルなトマトを岩塩だっけでいただくがやき。

 トマトの酸味と旨み、岩塩の塩辛さが、意外にも酒の肴としてバッチリ!

 しかし、ここまでのお料理は野菜料理ばっかしながやけんど、野菜がこれっぱあ酒の肴にバッチリ合うたぁ、思いもよらんかったがよ。

 野菜自体が本来持っちゅう旨みは、実は日本酒の肴として極上のもんになり得るっちゅうことを、今回ご参加いただいた皆さんは、全身で体感していただけたがやないろうか。

★「日土人(ひとびと)・生」(純米生酒)

Dsc08357s600_2
●室戸近海・幻のアワビの蒸しアワビ(ぶしゅDsc08350s600_3かんと塩)

さあ、お待たせしましたぜよ!いよいよ幻のアワビの登場ながよ!

3時間以上下準備して蒸し上げた肉厚の幻のアワビに、まだちくと青いブシュカンを搾りかけ、チビッと岩塩をつけていただくがやき!

・・・くぅぅ~~~~~っ!!こりゃうまいっ!!

 ゼラチン質の弾力のあるやわらかな食感と、凝縮された様々なアミノ酸の旨みが、まさに磯の王者の風格ながやき!

 ここに「日土人(ひとびと)・生」を合わせりゃあ、凝縮された様々なアミノ酸の旨みが、一瞬さらに膨らみを増したかと思うと、口中で余韻をたなびかせもって、スゥ~~ッと流れるように消えてゆくがぜよ!

生命の味わい・・・フッとこの表現が脳裡に浮かんで きたがやき。

さらに付け合わせのミョウガの酢漬けも、美味いこと美味いこと!

 まっこと「左」さんの真骨頂は、何気無い付け合わせの野菜の美味しさに、見事に表現されちゅうと感じたがやき。

 社長、ワタクシこんなに分厚く切られた蒸しアワビをいただいたことがありません! しかもこの磯の風味の良いとこだけギュッと閉じ込めたような味わい、ちょうど良い噛みごたえ、口に入れた瞬間から飲み込むまでしっかりと堪能してしまいました。しかも幾つもいただいていいなんて…。年末の繁忙期の冬の集いでなくてよかったぁ(ワタクシは参加できませんから…涙)

 では、最高潮!クライマックスの続きをお願いします!

★「司牡丹・大吟Dsc08353s600_2醸・黒金屋」(大吟醸Photo原酒)

●土佐赤牛の冷しゃぶ(チリ酢)

 ここで司牡丹最高峰の大吟醸の登場ながよ!

 赤牛の上品な赤身肉の旨みが、やさしいチリ酢と大吟醸の豊かな味わいで、まさに極上の美味しさになるがぜよ!

★芸術作品日本酒「司牡丹・紅華一点」(純米吟醸酒Dsc08356s600)

●胡麻豆腐と生湯葉Dsc08354s600の煮物

いよいよ終盤。ここに来て、ホッ と心和む、癒されるような、やわらかなで優しいお酒とお料理の組み合わせながよ。

●鰹節の佃煮ご飯Dsc08359s600

あぁ、もう幸せっ!ご飯が美味いこと!

青ノリの香りと風味、鰹節佃煮の旨みのお陰で、ご飯が進むこと進むこと!

★デザート酒:Dsc08362s600「柚子の 大バカ十八年」(18年熟成柚子リキュール)

●あんみつDsc08361s600_2

あんみつの優し い甘味のあんとカンテンの爽やかさが、こぢゃん と心地えいがやき!

これが柚子リキュールの奥深うて濃い甘味と、意外にもなかなか合うがよ。

ラストは優しい気持ちになれる、ナチュラルな甘味で締め括ったがぜよ。

社長、ありがとうございました! 

 長崎さんちの、見ているだけで楽しく幸せな気分になり、食べると野菜はお料理の主役だと感心させられる夏野菜を堪能できて…、

「左」さんのおしつけがましくなく、それでいて確かに記憶に残るお料理の美味しさを体験…、

さらに!それぞれお酒との組み合わせの相乗効果も加わり、今回の旬どき夏の集いも素晴らしい内容でございました!

 ご来場の皆さんも、大満足のご様子!

 ほぼ予定通りDsc08371s600の20時半、高知新阪急ホテルの大岩さんに中締めしてきただきDsc08348s600、無事にお開きとなりました。

 少し窮屈だったと思いますが、ご参加くださいました皆様ありがとうございました。

 素敵な笑顔を見せていただきました。Dsc08374s600

 また、「左」さんの宇賀さん、アキさん、そして数々の野菜をご提供いただき、お運びのお手伝いもしていただきました長崎さん、心よりDsc08373_6感謝申し上げます。

 では最後に今回も、皆さんからいただいたア ンケ ートの中から悦びの声の一部を以下にご紹介しますね。

●野菜の「本当の味」がしておいしくいただきました。アワビはやわらかくて旬の味でした。本望でした。

●今日のお料理、すごく美味しかったです。もちろんお酒も。お腹がいっぱいでなければ、残さず食べたのですが・・・。初アワビ、すごく満足です。美味しかった!

● 酒は人生最高のロマン!飯も美味かった!!

 

 

 ああ麗しき土佐の初夏! 旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        

司牡丹酒造株式会社

 

 

|

« 暑い夏にピッタリの「ピーマンとチリメンジャコ炒め」って知っちゅう? | トップページ | 夏バテ解消にバッチリ!「青シソのソーメン」って知っちゅう? »

コメント

私も参加させていただきました。大変おいしいものをありがとうございました。
ところが、おいしいお酒を一杯飲んで(黒金屋、紅華一点等々おいしいお酒が飲み放題状態!)赤牛の冷しゃぶは食べたかどうか記憶にありません。あんみつに至ってはそんなものがあったかどうかも記憶にありません。トホホでございます。
会でだされていたマスカルポーネは以前より好きでよく食べていましたので、この会で出されたものをヒントに、取り寄せた紀州南高梅をジャムにして、マスカルポーネと一緒にクラコットに乗せて食べたところ、うーんおいしい。

追伸 食べた記憶がないと上に書きましたが、一緒に参加した者の言によれば、最後まで(他人の分までも食べそうな勢いで)しっかり食べていたそうです。

投稿: 病院 事務長  | 2009年6月25日 (木) 16時14分

病院事務長さまhappy01

 この度も旬どきうまいもの自慢会にご参加いただきありがとうございました!

 お料理を最後まで全て召しあがっていただいたとのこと、安心しました。美味でしたねぇdelicious

 さすが病院事務長さま! 早速紀州南高梅を取り寄せてジャムになさるなんて。ワタクシも見習わなくちゃ。

 では、秋の集いでお目にかかれますことを楽しみにしております。

投稿: リカコ | 2009年6月25日 (木) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/45438943

この記事へのトラックバック一覧です: 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第12回夏の集い〉・土佐近海で採れる夏の磯の味覚の王者アワビって知っちゅう?:

« 暑い夏にピッタリの「ピーマンとチリメンジャコ炒め」って知っちゅう? | トップページ | 夏バテ解消にバッチリ!「青シソのソーメン」って知っちゅう? »