« 高知市七ツ渕の「氷詰めゆでタケノコ」って知っちゅう? | トップページ | 暑い夏にピッタリの「ピーマンとチリメンジャコ炒め」って知っちゅう? »

2009年4月24日 (金)

高知しか食べん山菜!?イタドリって知っちゅう?

 Photo  もうすぐワクワク、どきどきのゴールデン・ウィークですね。皆さんこんにちは。今年のゴールデン・ウィークは特に何の予定もなくてチョッピリ悲しい、司牡丹総務部社員のリカコです。

 さて今回のテーマは、いつもの通り突然社長から、「今回はイタドリやき、イタドリを用意しちょいてや。」との指令が。・・・2イタドリですか。もちろん高知県人ですから知ってはいますし食べたことはありますが、実はワタクシ、イタドリは採ったことも料理したこともないんです。ウチの母に聞きましたところ、「イタドリやったら昨日タケノコ掘りのついでに採ってきて、食べてしもうたばっかりぞね。」との言葉。(泣)

 半泣きで、司牡丹の社員の方々に聞いて回りましたところ、やさしい北添さんが会社の裏山から採ってきてくださいましたぁ!ぱちぱち!(嬉)ありがとうございます!さて、早速イタドリについていろいろ調べてみました。

Photo_3

 高知県は、県外の方にとっては海のイメージが強いかもしれませんが、実は県土の84%を急峻な山々が占める、林野率全国第1位の豊かな山の国でもあるんです。ですからこの時期の高知の山々は、山菜採りの人々でとってもにぎわいます。そんな高知県の山菜の中で、他県ではほとんど食べられないのに、高知ではスーパーの店頭に並ぶこともあるほど馴染み深い山菜が、イタドリなんです。

 イタドリはタデ科の多年草で、春先に紅紫色の芽を出します。若い茎の部分は甘酸っぱくて、幼苗は虎模様の斑点があり、竹のように中は空洞で、多数の節がある杖のような形状をしています。ですから「虎杖」と書いて「イタドリ」と読むようになったのだとか。

 イタドリは、生では独特の強い酸味がありますので、その酸を抜いてから調理していただきます。また、塩漬けや冷凍保存をして、高知では年中食べられており、煮物、油炒め、酢漬け、酢の物、チラシ寿司の具など、高知の山村では欠かせない食材なのだそうPhoto_4です。・・・こんな感じでいかがでしょう、社長?

 「この時期ちょっと山の方に入りゃあ、あちこちにニョキニョキはえちゅうががイタドリながよ。ワシが子供の頃は、塩を持って山へ遊びに行って、イタドリをポキポキ折っちゃあ皮をむき、塩をふってそのまんま、オヤツ代わりにかじったもんながやき。まあ、リカコさんも、塩ふって生でかじってみてちや、うまいきに!」

 生ですかあ・・・はい。皮をむいて・・・塩をふって・・・パクリ・・・ん!ん!ん~!・・・っスッパあ~~~いっ!!ヒドイ!社長!騙しましたね!全然おいしくないじゃないですかぁ!

 「そうかよ?・・・パクパク・・・ムシャムシャ・・・おいしいやいか。ワシゃあこの独特の酸味と塩味がバッチリで、さらにシャキッとした食感と水分がまっこと心地好うて、好きな味わいやけんどのう。しかし生で食べるがは何年ぶりやろう。まっことこの味、こぢゃんと懐かしいがぜよ!

 けんど気をつけにゃあイカンがよ。実はイタドリの酸味の正体はシュウ酸やき、こりゃあ体内でカルシウムと結び付いて排出させる働きがあるっちゅうきに、カルシウム不足の原因にもなるがやと。ほんじゃき生じゃあ食べ過ぎは禁物ながぜよ。子供時代にさんざん食べまくっちゅうき、今さら知っても遅いがやけんど。」

 え~~!?そんなモノを食べさせたんですかぁ!?私がコツソPhoto_6 ショーショーにでもなったら、責任取ってもらいますからねっ!ぷんぷん!

 「一口食べたばあで、何ちゃあないわえ。まあ通常イタドリを料理するPhoto_5時にゃあ、このシュウ酸を抜いていただくきに、全然問題ないがやき。ちなみにゴールデン・ウィークらあで高知へ来られた際にゃあ、日曜市らあの街路市で、生や下処理したイタドリが販売されゆうきに、県外の方々にも是非一度はお召し上がりいただきたいもんながぜよ。

 ほいたらリカコさん、今回の料理は「イタドリの油炒め」にしょうか。まずはシュウ酸を抜くための下処理からぜよ。」

 では、司牡丹の女子社員の方々から聞いた生のイタドリの下処理の秘法を、皆さんにもワタクPhoto_7シが伝授してしんぜませうPhoto_8

 

まず皮をむきます。次に切って熱湯に通します。沸騰したお湯に入れ、色が変わったら水に取ります。そして時々水をかえながら、半日から1日ほど水にさらすと酸が抜け、下処理は終了です。何のことはない、時間だけあれば簡単なことなんですね。ところで全然お料理には関係ないですが、生のイタドリを折ってみると、ポンッ!ってスゴくいい音がして、胸がスカッとするのは、私だ け・・・?

 Photo_9続いては、「イタドリの油炒め」の作り方です。まず下処理したイタドリを4cmほどに切り、油でサッと炒め、砂糖と醤油、削り節を加え、味をなじませてから火を止めます。お皿に盛り付けたら、もう完成です。簡単すぎですね。歯ごたえが大切ですので、煮すぎないことが最大のポイ ントです。では、早速いただいてみましょう!

 ぱくぱく・・・。うん、イケますよ。酸味もキチッと抜けてるし、これなら美味しいです。シャキシャキした歯ごたえも残ってますし、味付けもテキトーにした割にはバッチリじゃないですか?ね、ねPhoto_12、社長?

 「うん。まっことじゃ。初めて作った割にゃあ、上出来ながよ。独特のシャキシャキした歯ごたえと、野趣あふれる山菜の風味が、醤油と削り節の旨みと共に、口中にナチュPhoto_11ラルな美味しさをあふれさいてくれるがやき。まっこと、高知県人しか知らんこのウマさを、是非他県の方々らあにも、まっと知っていただきたいもんながぜよ。

 ほんで、この「イタドリの油炒め」のおいしさを、さらに倍増さPhoto_14せる方法があるがやき。そりゃあ、スッキリ爽やか系の日本酒と合わせていただくことながよ。この冬場に搾られたばっかしの、純米の生新酒あたりが最適やろう。今回は、司牡丹の人 気ナンバーワン商品「船中八策」の夏季限定品、「船中八策・零下生酒」(超辛口・特Photo_13別純米生酒)を合わせてみたがぜよ。ちなみにこの商品は、今年は4月10日から数量限定で発売中ながよ。

 「イタドリの油炒め」をいただき、この「船中八策・零下 生酒」を味わやあ、一瞬、口中いっぱいにこの料理の野趣あふれる美味しさが膨らみ、後口は爽やかに潔いばあスパッと切れていくがやき。ほいたらまた一口、イタドリが食べとうなる。食べりゃあ、また飲みとうなる。・・・こうして交互に食べて飲みゃあ、止まらんなること請け合いながよ。まさに土佐の春から初夏に3_2かけてだっけしか味わえん、至福の組み合わせと言えるがぜよ!」

 確かに社長のおっしゃるように、やめられない止まらない(古っ!)ですね。私にとっては、いつも以上にお酒がとってもとっても美味しく感じられて、仕事中なのにクイクイ飲んでしまいました。キケンかも・・・!ちなみに「船中八策・零下生酒」は、「日本名門酒会」のプラ  イベートブランド商品ですので、お求め、お問合せ等は「日本名門酒会」(http://www.meimonshu.jp/)まで、お願い申し上げます。

 

 

ああ麗しき土佐の春暖!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

 ■ 母の日、父の日などの贈答に最適!前代未聞!世界でひとつだけの一点モノ!

和紙ラベル一枚一枚に書道家が酒墨で直筆!芸術作品の日本酒が誕生!!

絶賛発売中の「司牡丹・紅華一点」(純米吟醸酒)はこちら!

|

« 高知市七ツ渕の「氷詰めゆでタケノコ」って知っちゅう? | トップページ | 暑い夏にピッタリの「ピーマンとチリメンジャコ炒め」って知っちゅう? »

コメント

生前、母はこちらの野原で「イタドリの調理」の青空講習会(??)をよく開いていました。[山口県岩国市/高知県出身] 2009.04/28

投稿: 池上栄一 | 2009年4月28日 (火) 13時18分

池上栄一さま、コメントありがとうございますhappy01

青空講習会ですか、薫風を感じながらの旬の味わいは格別でしょうねhappy02

イタドリを採るところから始めると、楽しいだろうなぁnote

投稿: リカコ | 2009年4月28日 (火) 14時45分

池上栄一様イタドリの食べ方ありがとうございました。
主人がたしかテレビで見たと言うのです。
我が家では孫もイタドリを取りに行き皮をむくのを手伝ってくれます。
来年は油いためを作って食べようと思っています。
本当にありがとうございました。

投稿: | 2009年5月11日 (月) 15時29分

イタドリを買ったものの、調理の仕方がわからず拝読しました。母が高知県出身で私も土佐弁が大好き。久しぶりに生の土佐弁に触れ大感激です。司牡丹の佐川にも親せきがいます。司牡丹は他府県では手に入らないことも多く、見つけたら買っています。本当に美味しいですよね。
では、イタドリの油いため早速取り掛かります。

投稿: 門田康子 | 2013年4月26日 (金) 16時51分

門田康子さま
コメントありがとうございます!

イタドリは茹でてから水につける、いわゆる下ごしらえがとっても大事だということをワタクシもこの時に初めて知りました。

この下ごしらえをちゃんとしておかないと、独特の酸味がうまく抜けないそうなんです。

司牡丹をお買い求めいただいているとのこと、ありがとうございます。

ぜひぜひ佐川町にもお運びくださいませ!

投稿: リカコ | 2013年4月26日 (金) 17時33分

山梨県北杜市在住の爺です。イタドリの調理法拝読、トライしてみます。
4月末の連休中に友人が遊びに来て隣接の草地でイタドリを発見、皮を剥いて食べさせてくれました。生まれて初めての経験です。
この記事はその友人がネットで調べて教えてくれました。
イタドリがお気に入りのツマミの一つになりそうです。

投稿: 桜畑翁 | 2013年5月 9日 (木) 09時31分

桜畑翁さま
コメントありがとうございます!
イタドリはいかがでしたか? 酸っぱくなかったですか? ワタクシはこのブログのイタドリの回の時に初めて生をかじってみたのですが、ものすごーく酸っぱかったことを憶えております。

 それが丁寧に水を変えながら時間をかけてさらすと、すっかり酸味が抜けるのでとても不思議です。オツマミに最適ですよね。

 “旬どきブログ”がお役に立てましてとてもウレシイです。
 
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: リカコ | 2013年5月 9日 (木) 17時18分

山梨県河口湖地方出身です。子供のころそこらのイタドリとって塩付けて食べまくってました!

投稿: めかぶ | 2013年12月13日 (金) 20時39分

めかぶさま コメントありがとうございます!

山梨県でも生で食されることがあったのですねhappy01

これはひょっとすると全国各地の子供たちがイタドリを食べていたのかも…shine 多分今の子供たちはイタドリすら知らないのでしょうねぇ 

春になったら、私もイタドリを探してみます! 見つけてすぐに食べるイタドリの味は格別なのでしょうねgood

投稿: リカコ | 2013年12月14日 (土) 09時08分

子供の頃畦道とかでちぎって食べてた!新学期…岡山てはさいじんご。私の町では「さいじ」と呼ばれていた。正式名称が分からなかったので調べるのに苦労しました…

投稿: 岩本和彦 | 2014年2月25日 (火) 16時59分

岩本さま

 コメントありがとうございます。

 “さいじんご”に、“さいじ”ですかhappy01
 
 呼び名はかなり違うけれど、“子供の頃に取って食べた”のは、全国共通のようですねgood


 早く暖かくなって、イタドリ探しをしたいですdelicious

投稿: リカコ | 2014年2月25日 (火) 17時19分

私はイタドリでジャムを作ります。
緑色した酸っぱみのある美味しいジャムですよ。
今日収穫してきたので、ジャム以外に料理にもチャレンジしてみようと調べてこのブログにたどり着きました。
司牡丹の社員さんとは面白い。
私は日本酒大好き人間なんで。

投稿: たくじろう | 2014年4月17日 (木) 18時41分

たくじろうさま
コメントありがとうございます!
イタドリのジャムですかsign02 

このシャキシャキ スジスジのイタドリをジャムにするには相当煮詰めないといけないと思うのですがsign04、とか質問責めにしてしまいそうなほど、想像ができませんw(゚o゚)w 一度“イタドリジャム”で検索してみます。

日本酒がお好きでいらっしゃるとか。何かのご縁ですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: リカコ | 2014年4月18日 (金) 09時00分

69歳です。大阪に来て5年。春は筍やつわぶき等山菜のあく抜きに(`ε´)こちらに来ていたどりにカツエちょった。高松の友達が数年前から食べ始め、私に送ってくれるようになりhappy01 最近は高松でも売っているみたい。けんど、大阪では文旦といたどり店頭では見かけません。
今朝も今年のいたどりが来たので昼からあく抜き。当然こちらに住む家族や仲良い近所に大好評!
読んで高知に浸りました。ありがとう。年々思ったより望郷の念が増します。

投稿: 明神 嘉子 | 2014年4月19日 (土) 11時00分

明神嘉子さま
コメントありがとうございます!

私もこのところ毎日タケノコを湯がいておりますwinkその前はフキを(*^-^)

以前は湯がき方がわからないし、米ヌカや米のとぎ汁が必要だったり面倒だな、と思っていた山菜類も、美味しく出来上がるとハマるものですねhappy01
 
大阪では文旦も出回っていないのですねear意外です。では関西の知人には今度贈り物に迷ったら文旦にいたしますpresent

また高知の旬の食材を使ったお料理にどんどん挑戦していきます! 

投稿: リカコ | 2014年4月21日 (月) 09時14分

イタドリ懐かしいですね。私の故郷では「いたずり」と言っていました。子供の頃は裏山に入っていたどりを穫ってその場で食べていました。おやつですね。

現在は故郷を離れてしまって周辺にはイタドリは見ません。
淋しいことです。

投稿: しも | 2014年9月13日 (土) 13時09分

しも様
コメントありがとうございます!
ワタクシも「いたずり」、聞いたことがありますhappy01
高知でもそう呼ぶ事があるようです。

つい先日、“イタドリ”の塩漬けをいただきました。丸一日ほどかけて水に漬けて塩抜きをしてから調理するものだと教わりました。今度の休日にやってみようと思っていますgood

投稿: リカコ | 2014年9月15日 (月) 10時17分

こんにちは!
私 岡山県民ですが イタドリを調理して食べています。
今年も 先日「シャシなっぽアドベンチャー」と題してイタドリ採取をやりまくりました(笑)
岡山では、イタドリのことを「シャジっぽ」とか「シャジなっぽ」とか言います。
いろいろ調理してみて、イタドリはオリーブオイルに合うことが判明しました。
イタドリの具材でぺペロンチーノを作ったら絶品です!ぜひ一度お試しあれ。

投稿: クロハ | 2015年5月14日 (木) 18時59分

クロハさま
コメントありがとうございます!
「シャシなっぽアドベンチャーー」、面白そうですねhappy01
ペペロンチーノですか! 初めてお聴きしました。確かに、オリーブオイルとの相性は良さそうですね。

パスタは大好物なので、イタドリペペロンチーノ早速試してみます! 
 早速といっても、イタドリを取ってこなくてはいけませんがsmile

投稿: リカコ | 2015年5月15日 (金) 10時41分

ご確認 ありがとうございます。

あれは・・4年ほど前、四万十へ行った行き帰りに高知市内の居酒屋で「つき出し」にイタドリの小鉢、スーパーの惣菜コーナーでイタドリ、山村の農家レストランでは次の村祭りのために流水でイタドリの塩抜きをしていたり・・強烈なインパクトがありました。

丁度、そのころの大阪での物産イベントで、高知だけでなく、徳島の物産にイタドリがありましたよ(驚)

岡山の高梁(たかはし)で、イタドリを大量に採取しているのは私たちのグループだけ?かも・・・
今年は600本くらい採取して塩漬け冷凍保存してます。
その模様は、メンバーのブログ「統合作戦本部」に載っていますので、よろしかったらご覧くだちい。

「シャシなっぽアドベンチャー」や「焼肉ほそかわ」の巻でアップされてます。

それでは!

投稿: クロハ | 2015年5月16日 (土) 16時27分

徳島県でもイタドリをイタズリと呼んで食べてますね。

投稿: 白銀 | 2016年2月28日 (日) 19時39分

白銀さま
コメントありがとうございます!
徳島県でもイタズリですか!
山菜は地方によって、食したり食さなかったり、呼び方がそれぞれ違ったり、イタドリ以外にもたくさんありそうですね。
自然の恵に感謝しながら、今年の春も山菜をどっさり食べてみたいですdelicious

投稿: リカコ | 2016年2月29日 (月) 10時46分

子供の頃に高知に住んでいました。
いたどり、懐かしい~(^^)/
子供の頃は塩を手にイタドリをポキンと折ってはおやつ代わりに食べていました。こちらにも(神奈川)無いわけではありませんが茎が細くて葉っぱが大きいものばかりです(そういうものを何と呼んでいたのか覚えていませんがsweat02
イタドリを15センチ位に折り両端に切れ目数か所入れ細い棒を横に通して川に浸けると両端がクルンと丸まりクルクル回ります。そうやって遊んでいました。
勿論夕飯のおかずは毎日イタドリでした。
美味しそうなイタドリの画像を見てもう一度位食べてみたくなりましたrestaurant

投稿: 善美 | 2016年3月 1日 (火) 22時17分

善美様

コメントありがとうございます!
ウチの社長の子供の頃とおんなじですね! 
オヤツ代わりになったり、遊び道具になったり、こんなに大人気の山菜は他にないかもhappy01

イタドリはまだまだ奥が深いかもしれませんね。
今年はワタクシも近所で探してみようかな…eye

投稿: リカコ | 2016年3月 2日 (水) 12時05分

岐阜育ちのアラフォーです。
急に思い立って「イタドリ」を調べていたところ、ここに当たったんでひとことです。
小学生のころ、土手とかにいっぱいあったんで、学校帰りによく食べてた(笑)酸っぱさが最高だったんで今でもその味は忘れてないですね。寒くなって枯れた後はパッキパッキになって折って遊んでたなぁ。あ~懐かしい、もう一度味わいたい食べ物の一つです。

投稿: 渡邉 | 2016年4月 7日 (木) 19時29分

渡邊さま
コメントありがとうございます!
“子供のころ、生えているイタドリをそのまま食べた”談義は関東、東海、中四国に広がってきました。

こうなったら、北海道、東北、近畿、九州、沖縄地方の方、子供の頃イタドリを取ってそのままおやう代わりに食べましたかぁ?って聴いてみたくなりました。全国共通なのかしら?


イタドリが旬の季節になりましたね。家の周辺にももしかして生えているかもしれないので、この週末に探してみまーす!

投稿: リカコ | 2016年4月 8日 (金) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/44772114

この記事へのトラックバック一覧です: 高知しか食べん山菜!?イタドリって知っちゅう?:

« 高知市七ツ渕の「氷詰めゆでタケノコ」って知っちゅう? | トップページ | 暑い夏にピッタリの「ピーマンとチリメンジャコ炒め」って知っちゅう? »