« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第6回冬の集い〉開催!鍋の百花の王「牡丹鍋」って知っちゅう? | トップページ | 絶品珍味!「沖ウルメの丸干し」って知っちゅう? »

2008年1月15日 (火)

土佐じゃあ大晦日に大物「鯨肉」を食べるって知っちゅう?

   皆様、新Photo年あけましておめでとうございます。この年末年始は曜日の関係で休みが多く、まだお正月気分が抜けきらない、司牡丹総務部社員のリカコです。旧年中は、当ブログをお引き立ていただき、本当にありがとうございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 さて、平成20年新年最初の「うまいもの」は・・・と、すんごく期待していたら、案の定というか、ウチの社長から「今回は、ワシんくの大晦日のネタを書くぜよ」の一言が・・・。もう勝手にしてください!さぞやおいしいものを召し上がられたんでしょうね!2

 「そんなに怒らんといてや、リカコさん。新年の最初のめでたいブログっちゅうことに免じて、どうぞ許いとうせ。次回は絶対、おまさんが大喜びするようなうまいもんを食べらいちゃおき。・・・っちゅうことで、あらためまして、あけましておめでとうございますぜよ。ほいたら気を取り直して早速、ワシんくの大晦日のネタを以下にご紹介しますぜよ。今回は、大晦日にふさわしい「和」の旬の食材、それは、なんと・・・鯨ながよ!

『ゆうたちイカンちや 
おらんくの池にゃ
 潮吹く魚が泳ぎよる』

 と、よさこい節にも唄われちゅう鯨は、土佐の高知じゃあ、かつては一般的な食材やったがやき。それが、いまや商業捕鯨はストップとなり、調査捕鯨の鯨肉が出回る程度やき、希少な高級食材となってしもうちゅうがよ。

 ほいたら、なんで鯨が大晦日にふさわしいかっちゅうたら、実は高知じゃあ、大晦日に大物(おおもの)を食べるとこぢゃんと縁起がえいっちゅうことで、鯨肉を食べるっちゅう風習があるきながよ。「大晦日に大物を食す」・・・いかにも豪快な土佐の高知らしいと思わんかよ?ほんで、なんとのう自分も大物になれそうな、えい気分で新年を迎えられそうな、そんな感じがしてきやあせんかよ?

 しかも、実は鯨肉はこぢゃんとヘルシーで、かつ優れた栄養価が見直されつつある伝統食品ながよ。鯨肉は、質のえいタンパク質を多う含み、かつ鉄分を多う含み、コレステロールの含有量は少のうて、さらに多価不飽和脂肪酸を多う含み、成人病予防の食物としてふさわしいと言われちゅうがやき。

 また、平成18年11月放送の「おもいっきりテレビ」に出演の医学博士・阪井田仁士氏によりゃあ、鯨肉にゃあ、増え続けゆう生活習慣病の予防に、強力な新効果が続々と判明したっちゅうがぜよ。簡単に列挙してみりゃあ、まず動脈硬化予防効果。鯨肉にゃあ独特の油成分・DPA(ドコサペンタエン酸)が含まれるきに、なんと動脈硬化を防ぐ力は魚の10倍!(東京医科歯科大学)やっちゅうがやき。

 続いては、肥満・疲労予防効果。鯨肉に新たに発見された成分・バレニンは、体脂肪を効率よう燃やいて、さらに疲労物質の発生を抑えてくれるっちゅうがよ。(Boldyrev博士ほか) Photo_2

 なんでも、鯨は半年間エサを食べ続けゆうけんど肥満状態にならんと、さらに残りの半年間はエサを食べんと泳ぎ続けゆうけんど疲れんがやと。ほんで、その神秘の鯨パワーの秘密のカギを握るがが、バレニンじゃっちゅうて言われゆうがぜよ。

 さらに、認知症予防効果。鯨肉の旨味成分カルノシンに関する報告(2006年10月)で、
カルノシンは、脳神経細胞を保護し、認知症予防にこぢゃんと有効やと判明したっちゅうがやき。現在、治療薬として実用に向けて申請中ながやと。(九州保健福祉大学 川原正博教授)

 どうぜよ。さすがは大物、鯨肉やと思わんかよ?こんなスゴイ効能のある大物を大晦日にいただきゃあ、何とのうさらに効果が倍増しそうな気がせんかよ?さらに、こんな鯨料理にゃあ、やっぱし日本酒がバッチリながよ。日本酒を合わせりゃあ、鯨料理のおいしさが倍増するだっけやのうて、アルコールの効果でその素晴らしい効能も、体内に吸収しやすうなるがやき、こりゃあもう、大晦日は鯨肉料理と日本酒でキマリながぜよ!2_2

 鯨肉料理に合わせる日本酒は、味わいのしっかりした原酒タイプがお薦めながやけんど、そこは大晦日に大物鯨やきに、もひPhoto_3とつ「大」つながりで、純米大吟醸原酒でいってもうぜや!こりゃさらに効能や縁起が良うなりそうながやき。ほいたらいっそ、12月に入ってから特別限定販売される、司牡丹の最高ランクの純米大吟醸原酒「深尾」(ふかお)にしょうぜや!司牡丹の故郷佐川の城主、深尾氏の名を冠した、斗瓶囲いで8ヶ月以上熟成さいたっちゅう超希少品ながぜよ!

 2_3さて、鯨肉料理の方は、「土佐料理 司」(http://www.kazuoh.com/)さんからいただいた「鯨のハリハリ鍋」ながよ。鯨肉独特の旨みとカツオのダシ、水菜のハリハリ感、ネギ・白菜・シイタケ・豆腐らあの名脇役も加わって、こりゃまっことウマイぜよ!一口食しゃあ、様々な旨みがコッテリと口中で膨らんで、身体の芯からホカホカとあたたまPhoto_5って、身体中に鯨パワーがみなぎってきて、心までポッカポカにあったまるがやき。

 そこに、 最高の純米大吟醸「司牡丹・深尾」をクィッ。 格調高い華やかさで薫るフルーティな吟醸香。豊かに、まろやかに、かつ深うに膨らむ品格ある味わい。ほんでその香りと味わいが絶妙のバランスで口中にフワリと広がり、鯨肉の 旨みを一層引き立てもって、渾然一体となって、大海原を泳ぐ鯨のように雄大に広がっていき、全身に沁み渡り、スーッと消えていく・・・。あぁ、幸せっ!2_4

 国民行事「紅白歌合戦」を見もって、「大」物鯨と「大」吟醸であたたまる「大」晦日・・・。まっこと、日本人で、土佐人で良かったと、つくづく実感する至福の一夜やったがぜよ!」

  ・・・ホントにおいしそう・・・。新年早々からヨダレとナミダでグチャグチャになりそうです。次回は、絶対にワタシにも、おいしいものを食べさせてくださいねっ!絶対約束ですよ、社長!・・・でも、高知に住んでいながら、大晦日に大物鯨を食べるなんて風習も、鯨肉が肥満も疲労も予防してくれる効果があるなんてことも、全く知りませんでした。我が家でも「鯨のハリハリ鍋」を、冬の定番料理にしようかしら・・・。

ああ麗しき、土佐の新春!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        

司牡丹酒造株式会社

|

« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第6回冬の集い〉開催!鍋の百花の王「牡丹鍋」って知っちゅう? | トップページ | 絶品珍味!「沖ウルメの丸干し」って知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/17703469

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐じゃあ大晦日に大物「鯨肉」を食べるって知っちゅう?:

» 栄養機能食品 [,土佐じゃあ大晦日に大物「鯨肉」]
栄養機能食品の情報です。 [続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 03時51分

« 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」〈第6回冬の集い〉開催!鍋の百花の王「牡丹鍋」って知っちゅう? | トップページ | 絶品珍味!「沖ウルメの丸干し」って知っちゅう? »