« アワビよりウマイ!土佐のナガレコって知っちゅう? | トップページ | 土佐の夏の終りのハーモニー、メジカの新子にブシュカンって知っちゅう? »

2007年8月23日 (木)

日本最後の清流・四万十川の天然鮎のおいしさって知っちゅう?

  例年なら、そろそろ朝夕は涼しくな2ってもいい頃なのですが、今年はまだまだ酷暑が続いていてシンドイですね。皆さんこんにちは!酷暑はツライですが、そのお陰でチョッピリ体重が減って嬉しい、司牡丹総務部社員のリカコです。

 さて今回のテーマは、「去年の今頃は『仁淀川の鮎』を取り上げたきに、今回は『四万十川の鮎』にするぜよ!」というウチの社長の提案で、旬としては若干遅くなりましたが、日本最後の清流として名高い四万十川の鮎に決定しました。ちなみに仁淀川の鮎については、去年の「8月22日」のブログをご参照ください。Photo

 さて、早速ウチの山下常務が、前日に捕ったばかりの四万十川の天然鮎を、生のまま氷詰めにして会社に持ってきてくれましたぁ!ぱちぱち!・・・うわぁ!大きい!あ、ホントにスイカみたいな匂いがします!これはピチピチで、本当においしそうです!うふふ、楽しみ!

 ますはタップリ塩をふりかけ、弱火でジックリ焼きあげます。では、焼きあがるまでの時間、ウチの社長のウンチクに、少し耳をかたむけてみましょう。

 「天然の鮎は、それぞれの川の味を凝縮した味わいながよ。四万十川は、日本最大の幻の川魚アカメや、ウナギ、川エビ、青ノリ等々、生息しちゅう魚3類が180種類と、日本で一番多いがやき。こんな川の幸を捕って生計を立てゆう川漁師さんも、四万十川にゃあいっぱいおるがぜよ。

 天然鮎は、川底の石に生えちゅうコケを食べるがやけんど、四万十川はこの川底のコケが豊富なことと、四万十川は川底が砂やき鮎が泥臭うならんことらあが理由で、絶品やとされちゅうがやき。

 ちなみに鮎の効能としちゃあ、まずはカルシウムが豊富で、骨や歯の強化や、精神安定らあにも効果があるがやき。また、ビタミンPhoto_2CやビタミンAも豊富ながよ。特に絶品のハラワタにゃあ、レチノール(ビタミンA)が豊富で、視力回復や皮膚や粘膜の強化にも効果があるらしいがよ。ビタミン類は、夏場にゃあ汗と共に体内から失われやすいき、この暑い時期に鮎をハラワタと一緒にいただくっちゅうんは、こぢゃんと理にかのうちゅうっちゅう訳ながぜよ。

 Photo_4こんな天然鮎の塩焼きにゃあ、もはや日本酒を会わせるしかないがよ!天然鮎は何ちゅうたちハラワタのおいしさが命やき、ビールやワインや焼酎らあの他のお酒じゃあ、このハラワタのおいしさを半減さいてしまうがやき。これが日本酒を合わせりゃあ、ハラワタの苦みが絶妙な旨みに変わり、天然鮎のおいしさをグンと倍増さいてくれるがぜよ!ハラワタが苦手な女性の方らあやち、日本酒と合わせていただきゃあ、そのあまりのおいしさに、ハラワタを捨ててきたこれまでの人生を、きっと後悔しまくるはずながやき!」Photo_5

 はい!見事に鮎が焼きあがりました。う~ん、芳ばしくっていい香り。・・・実は社長の話しにもあったように、ワタシは鮎のハラワタがあまり得意でPhoto_6はないのです。社長いわく、「そりゃあ日本酒と合わいて食べてないきイカンがよ!」の一言。・・・分かりました。いただきますって。 Photo_8

 まずはお箸で鮎をさばいて、皮と身の部分にハラワタを少し付けて、ばくり。・・・ん・・・ほろ苦っ !この味わいが口中に残っているうちに、「司牡丹・純米吟醸本生」(純米吟醸生酒)を一口くぴり。・・・あ、おいしい!吟醸生のフルーティでフレッシュな香りと味わいが加わって、確かに社長が言う通り、口中に残るハラワタの苦みが、見事に独特の3_2旨みに変わりPhoto_9ます!また、鮎のハラワタが欲しくなりますね。再び鮎の皮と身とハラワタをパクリ。 またまた「本生」をクピリ。・・・あ、さっきよりもっとおいしい!・・・パクリ、クピリ、パクリ、クピリ、パクリ、クピリ、パク リ、クピリ・・・。ふ~・・・ご馳走様でした。これは確かにおいしくて、もう二匹くらい食べられそう!後口も爽やかで、澄んだ清流のような余韻が、とっても心地いいです。 あぁ、確かにこれまでの人生で残してきた鮎のハラワタに思いを巡らせれば、かなり後悔の念が湧いてきます。もう、これからは絶対に残しません!   2_3

 さて、こんな絶品の四万十川の天然鮎。私たちは鮎釣り名人の社員の方からタダで(自慢!)いただけますが、そういうルートがない方でも、下記のネット通販で新鮮なままのお取り寄せが可能です。便利な世の中になったものですね。

「四万十川上流漁協」(http://www1.quolia.com/shimanto-ayu/

 

 

 ああ麗しき、土佐の晩夏!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        

司牡丹酒造株式会社

|

« アワビよりウマイ!土佐のナガレコって知っちゅう? | トップページ | 土佐の夏の終りのハーモニー、メジカの新子にブシュカンって知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/16211576

この記事へのトラックバック一覧です: 日本最後の清流・四万十川の天然鮎のおいしさって知っちゅう?:

« アワビよりウマイ!土佐のナガレコって知っちゅう? | トップページ | 土佐の夏の終りのハーモニー、メジカの新子にブシュカンって知っちゅう? »