« 今が旬!淡竹(ハチク)のタケノコって知っちゅう? | トップページ | 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」<第4回夏の集い>開催!土佐清水の「究極の鰹のタタキ」って知っちゅう? »

2007年6月15日 (金)

銀色に輝く初夏の味覚、宿毛の「キビナゴ」って知っちゅう?

 蒸し暑Photo_340い日が続いてますね。皆さんこんにちは。早くも夏バテ対策を考え中の、司牡丹総務部社員のリカコです。Photo_332 

 さて、今回のテーマは、社長から「宿毛(すくも)漁協にキビナゴゆうパックを注文しちょいてや!」と、言われましたので、今が旬のキビナゴを取り上げます。ん!?キビナゴ?・・・ここのところ山の幸が続いてましたので、一瞬また山の「うまいもの」かしらと思ってしまいましたが、そうですよね、キビナゴって海のお魚でしたね!

 体長10センチほどの小型のお魚キビナゴは、本州中部以南、台湾などの熱帯海域にPhoto_331分布しており、ニシン科でイワシの仲間だそうです。そして、毎年5月中旬を過ぎると、高知の新聞紙面やテレビのニュースを飾るのが、宿毛市(すくもし)のキビナゴ出荷開始の話題。 「すくも湾漁業協同組合」(高知県宿毛市片島5-71 TEL:0880-62-1131 FAX:0880-62-1132)と宿毛郵便局がタイアップして、昭和62年から始まった「キビナゴゆうパック」(チルド便)。旬を迎えた宿毛湾の新鮮なキビナゴを全国に届けるこの企画は、すっかり土佐の初夏の風物詩として定着しています。今年は5月16日の高知新聞に掲載されていましたね。その内容を見ると、今年は5月15日から「キビナゴゆうパック」の発送が始まり、第一便は621箱が全国に出荷されたのだとか。今年のキビナゴ漁は好調な滑り出しのようで、4月中頃から10センチ級の大きなサイズが捕れ始めたとのことで、例年より1ヶ月ほど早いとのこと。Photo_333

 ちなみにウチの社長は、キビナゴについて次のように語っています。Photo_334

「宿毛市の沖の島周辺は、全国でも屈指のキビナゴの好漁場ながよ。宿毛湾全体で巻き網漁を中心に、年間1500トンばあ漁獲されゆうらしいがやき。キビナゴは年間通して捕れるけんど、特に産卵期を迎えて大群をなして内湾に押し寄せてくる4~6月頃が型も太り、旬とされちゅうがよ。ただし一部のツウの人らあの間じゃあ、産卵期前の2~3月頃が脂が乗って一番うまいとも言われゆうがやき。Photo_335まあどっちにしたち、春から初夏にかけてがキビナゴの旬やっちゅうことながよ。旬の捕れたてのキビナゴはこぢゃんとおいしいけんど、『足が早い』きに、すっと鮮度が落ちてマズうなってしまうき、昔は遠方への出荷らあて考えられんかったがやけんど、最近はクール便の進歩のお陰で、鮮度抜群のおいしいキビナゴが、全国で食べれるようになっちゅうがぜよ。」 Photo_336

 さて、早速「キビナゴゆうパック」を注文しようと、「すくも湾漁業協同組合」に問い合わせの電話をかけてみました。・・・ところが、ちょうどこちらの希望日までには、キビナゴ漁がないので間に合わないとのこと!えっ!?どうしよう!・・・と困っていたら、ご親切に「急速ばら凍結」のキビナゴもチルドと変わらないくらい鮮度抜群でおいしいですよと教えてくださいました。しかも、使用目的をお話ししたら、なんと1キロ分の「急速ばら凍結キビナゴ」を寄贈してくださいましたぁ~!ぱちぱち!「すくも湾漁業協同組合」さんってステキ!本当にありがとうございます!Photo_337

 では早速、いただいた「急速ばら凍結キビナゴ」を解凍しましょう。ちなみに「急速ばら凍結」とは、水揚げされたら即、マイナス40℃の急速凍結庫で1匹ずつバラバラに凍結、脱酸素剤入りの袋に密封されるため、抜群の鮮度のままなんですって。また、一匹ずつバラで凍結されてますから、使いたい分だけ解凍可能ですし、解凍も手早くできて、主婦の皆さんにも大変悦ばれているんだとか。Photo_338

 まあキレイ!見てください、この解凍されたキビナゴの美しさ!半透明の体に、太い銀白の帯と鮮やかなブルーのコントラストが、その鮮度の良さを物語ってくれています!それに、大きいこと!10センチどころか、ほとんどが12センチ以上はあるんじゃないでしょうか?しかも、丸々と肥えていて、食べごたえもありそうです。

 司牡丹のお料理自慢西森さんにお手伝いいただき(結局は私がお手伝いだったんですが・・・)、まずは社長のお好みで「キビナゴの塩焼き」から。解凍したキビナゴに塩をふり、焦がさないように注意しながら焼き上げます。あぁ、魚の焼けるいい匂い!お腹がギュ~ッとなってしまいます。さあ、焼き上がりました。見てください、この見事に焼き上がったプリップリのキビナゴ!Photo_339

 まずは一口、ぱくり。ほくほく、ぷちぷち・・・うまっ!魚にありがちの変なクセが全くなくって、肉厚でプリップリ!そのまま丸ごと焼いただけなのに、ジャコジャコしたところもなく、「これって骨あるの?」って感じ。子供のオヤツにもいけそうです。そして、塩で引き立てられたナチュラルな優しい旨みが何とも爽やかで、これはいくらでも食べられそう!ホントにおいしいです!Photo_341

 さて、このキビナゴに合わせるお酒は、新商品の土佐牡丹酒」(純米酒)。高知出身の直木賞作家、山本一力さんが司牡丹を題材に執筆された時代小説「牡丹酒」にちなんで、先月発売されたばかりの司牡丹の大型新商品です。小説「牡丹酒」のストーリーは、司牡丹を土佐のカツオの塩辛「酒盗」と一緒に江戸で売り出し人気を博すというものですが、このお酒「土佐牡丹酒」も、「酒盗」などのいわゆる酒の肴と抜群の相性を示す酒質に仕上がっています。しかも、体に優しい純米酒でありながら、1.8リットル2000円(720ml:1000円)という、嬉しいお手頃価格!ですから「晩酌の定番酒!」というのがウリなんですね。また、冷やしても、室温でも、お燗でもおいしいお酒ですから、いつの季節の旬のものとも合わせて楽しめるんです。今回は、10℃程度の花冷えで合わせてみました。Photo_342

 では、キビナゴの塩焼きをまた一口いただいて、「土佐牡丹酒」をクピリ・・・。あぁっ!爽やかでとっても清々しいです!キビナゴの塩焼きのナチュラルな旨みとほのかな塩分をスッキリと洗い流しPhoto_343てくれ、交互にやるといくらでも飲み食べしてしまいそう!あらあら、昼食前の時間なのに、社長なんて、もうキビナゴ4匹と「土佐牡丹酒」をグラス2杯飲んでしまってます!

 Photo_344お次は、西森さんにお願いして、キビナゴのお刺身。これは手でさばくのがポイントなのだそう。お醤油にすりおろしショウガを少し加えて、パクり・・・。あ、あまい!魚臭さなんか全然なくて、後口が不思議に甘くって、これもホントにおいしいです。こちらも「土佐牡丹酒」が進むこと、進むこと!Photo_345

  さらに、「キビナゴの煮付け」と「キビナゴの唐揚げ」まで追加して、さながらキビナゴのフルコース状態!社長なんて、前日も飲み過ぎて、朝はお酒が残ってるなんて言ってたのに、キビナPhoto_346ゴ料理と「土佐牡丹酒」が止まらなくなって、かなり酔っ払ってしまってます!昼間っからこんなに飲んだ社長は初 めて見ました。この状態では、もPhoto_349うウンチクやコメントもなしですかぁ? Photo_350

 「もう酔うてしもうたきに、あとはもう任せたき。ワシゃあもう何ちゃあ言うこたぁないぜよ!」Photo_348

 では社長に代わりまして、私が少しウン チクを・・・。キビナゴPhoto_352は、脳細胞を発達・活性化 させてくれるDHAや血栓抑制や高血圧予防に効果のあるEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含んでいます。また、カルシウム、鉄分、ビタミンB2なども豊富で健康食 材としても人気の高い魚です。キビナゴを丸ごと5、6匹食 べると、成人が1日に必要とするカルシウムを摂取することができます。・・・これは実は、キビナゴに同封されていたパンフレット に書かれていました。社長 なんか、1週間分くらいのカルシウムを摂取しちゃったんじゃないでしょうかね?

 ああ麗しき土佐の初夏!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

 

 

土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        

司牡丹酒造株式会社

|

« 今が旬!淡竹(ハチク)のタケノコって知っちゅう? | トップページ | 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」<第4回夏の集い>開催!土佐清水の「究極の鰹のタタキ」って知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/15442030

この記事へのトラックバック一覧です: 銀色に輝く初夏の味覚、宿毛の「キビナゴ」って知っちゅう?:

» 脳の活性化に効果的なサプリメント:「イワシ倶楽部」 [IQサプリメントで脳スッキリ若返り!]
脳の活性化に効果的なサプリメントの一つに、「イワシ倶楽部」というサプリメントがあります。この「イワシ倶楽部」には、脳の活性化の代表格であるDHAとEPAが入っているのですが、この商品の特徴は成分ではなく、製造過程のごだわりにあると言っても過言ではありません。DHA・EPAの原材料であるイワシは、銚子港にて水揚げされた、新鮮なカタクチイワシだけを厳選して使用しており、それを独自の製造方法で加熱処理をせず、添�... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 15時09分

» ビジネス [「同性愛」は]
武装闘争継続 人だった タヒチ [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 19時01分

« 今が旬!淡竹(ハチク)のタケノコって知っちゅう? | トップページ | 「旬どき・うまいもの自慢会・土佐」<第4回夏の集い>開催!土佐清水の「究極の鰹のタタキ」って知っちゅう? »