« 土佐を代表する鰻料理の名店「大正軒」の「鰻のタタキ」って知っちゅう? | トップページ | 四万十町大正「農家民宿はこば」の絶品「長ナス」って知っちゅう? »

2006年8月22日 (火)

四万十川より水がキレイな、「神の川」の絶品天然鮎って知っちゅう?

 昼間はまだまだ暑い日が続いていますが、やっと朝夕は涼しくなってきましたね。皆さんこんにちは!なんとか夏バテは解消しましたが、文章を書くのは相変わらず苦痛の、司牡丹・総務部社員のリカコです。

 

Photo_34

さて今回のテーマは、「『旬どき・うまいもの自慢会』の他県

が結構鮎を取り上げちゅうきに、清流県の高知県としてもやっぱし鮎は必須じゃろう!」というウチの社長の提案で、旬的には若干遅くなりましたが、鮎なのです。

  鮎といえば清流のイメージですから、特に県外の方は、土佐の清流といえば「日本最後の清流」として有名な四万十川を思い浮かべる方も多いことでしょう。ところが、地元の者に言わせると、 Photo_43 「四万十川よりか仁淀川(によどがわ)の方が、ズッと水がキレイぜよ!」なのだそうです。何でも仁淀川は水の透明度の数値で、一級河川で全国1位になったこともあるのだとか。そして、何より私たち司牡丹の社員にとっては、仁淀川は大変重要な、社宝にしてもいいくらいの川なんです!

 仁淀川は、古来「神河(みわがわ)」と呼ばれ、「風土記」の中にも「神々に捧げるための酒造りにこの清水を用いた」と記載されている川。そして、司牡丹の日本酒を仕込むために使われる大切な大切な仕込水は、この清流仁淀川水系の湧き水なのです!日本酒の成分の80%は水ですから、仕込水の水質が酒質に与える影響は極めて大きいとのこと。私たち司牡丹の社員にとっては、まさに仁淀川は「神の川」と呼ぶべき存在なんですね!ちなみに、いろいろなお酒の会なんかで、「司牡丹の仕込水」(非売品)を飲用に出品することも多いのですが、必ずといっていいほど参加者の方々から「どこの蔵元の仕込水よりも一番美味しかった!」と絶賛の声をいただく、とっても美味しい水でもあります。

 さて、そんな日本一の清流仁淀川、「神の川」の天然鮎ですから、その美味しさはもはや保証付き!司牡丹の社員の中にも、鮎釣り名人(自称)は多く、社内の宴会なんかにもよく出されたりもしますから、当然私もいただいたことがあります。太陽が燦々と降り注ぐ清流仁淀川の川底の石に生えたコケをタップリ食べた天然鮎は、本当に仁淀川の味がするんです!・・・と、書いたら、ウチの社長から「それじゃ仁淀川を知らん人にゃあ伝わらん!」と言われてしまいました(涙)。と、いうことで、以下は社長からのコメントです。

Photo_36

  「仁淀川の天然鮎は、やっぱし炭火でじっくり焼いた塩焼きが最高ながよ!1時間ばあかけてゆっくり焼いた鮎は、各ヒレを取ったら、あとはそのまんまかぶりつくに限るがやき。内臓から骨からPhoto_38 頭から、全部丸ごと食べ尽くさにゃあ、「神の川」に申し訳ないがぜよ。炭火で焼けた皮の芳ばしい風味とほんのり塩味、取れ立てのウリ系の野菜のような爽やかな身の香りとほろ苦い内臓の旨みらあ が口中で合わさって、見事に膨らんでいくがやき!その味わいがまだ残っちゅう間に、超辛口『船中八策・零下貯蔵生酒』を口に含む・・・。鮎の様々な味わいと香りの輪郭が、サーッと舌と鼻Photo_37腔に蘇って、澄んだ清流のように流れていき、さらに超辛口の酒が後口をスパッと潔うに切ってくれるがぜよ。こりゃあタマランばあウマイ・・・」

  はいはい、社長、もういいです(怒)。ありがとうございました。相変わらず長い話しでスミマセンでした。さて、この「神の川」の天然鮎、私たちは鮎釣り名人の社員の方からいただけますが、県外の方には、下記のネット通販で手に入れることが可能です。川漁師が釣った天然鮎を、朝獲れ鮎は昼便で、午後獲れ鮎は夕方便で直送してくれるとか。便利な世の中になったもんですね。

「仁淀川comhttp://www.tosa-niyodogawa.com/ayu/index.html

 

 

 Photo_39 また、清流の国土佐では、毎年9月に「清流めぐり利き鮎会」という凄いイベントも開催されていまPhoto_40す。主催は「高知県友釣連盟」という鮎釣り好きの集う団体で、毎年全国の有名河川から鮎を集め、参加者全員で食べ比べしてグランプリを決定しているのです。毎年人気を増 しているようで、第8回目の昨年は遂に全国45河川から3000匹の天Photo_41然鮎が集められ、参加者も300名近くになったとか。今年は9月8日(金)の開催予定で、詳細は下記の通りです。お申し込み締 め切りは8月30日(水)ですので、興味がおありの方は是非申し込まれてはいかがでしょうか。

 

「第9回清流めぐり利き鮎会」

●日時:平成18年9月8日(金)19:00~

●場所:城西館 3階 日輪の間 高知市上町2-5-34 TEL088-875-0111

●参加費:男性7,000円 女性5,000円 小中学生3,000

●料理内容:鮎づくしと各河川の地酒

●主催:高知県友釣連盟 高知市潮見台2-2214 TEL088-860-7182 代表 内山顕一

●申込期日:平成18年8月30日(水)

●申込方法:下記宛てに、e-mailまたはFAXにて。

返信用アドレスまたはFAX番号を必ずお知らせ下さい。

 高知県友釣連盟 内山宛 e-mailuchiyama@ps.inforyoma.or.jp 

              FAX088-860-7182

 四季の美しい国・日本の清流のめぐみ、鮎を食べ尽くすなんて、最高のゼイタクですよね。

 ああ麗しき、土佐の晩夏!旬どきのうまいもんに・・・乾杯!

 

 

「土佐の本物の旬のうまいもの」情報や集いを、優先的にお知らせいたします! 

コチラをクリック!

「プレミアム宇宙酒」好評発売中!! 土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の公式ホームページは、こちらをクリック!        司牡丹酒造株式会社

|

« 土佐を代表する鰻料理の名店「大正軒」の「鰻のタタキ」って知っちゅう? | トップページ | 四万十町大正「農家民宿はこば」の絶品「長ナス」って知っちゅう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178355/11553884

この記事へのトラックバック一覧です: 四万十川より水がキレイな、「神の川」の絶品天然鮎って知っちゅう?:

« 土佐を代表する鰻料理の名店「大正軒」の「鰻のタタキ」って知っちゅう? | トップページ | 四万十町大正「農家民宿はこば」の絶品「長ナス」って知っちゅう? »